現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > NSX-GTはもう2019年観られない!? GTA坂東代表が改めて説明した国内3メーカーとクラス1の優先関係

ここから本文です
スポーツ 2018.9.24

NSX-GTはもう2019年観られない!? GTA坂東代表が改めて説明した国内3メーカーとクラス1の優先関係

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月16日、スポーツランドSUGOで開催されたスーパーGT第6戦SUGOのGTアソシエイションによる定例記者会見の場で、GTAの坂東正明代表は、GT500クラスとDTMドイツツーリングカー選手権との間で進められているクラス1の進捗について「粛々と進んでいる」と語ったが、今後2~3年の展望について、一部に「“2019年からホンダNSX-GTが出場できない”とする誤解がある」として改めて説明を行った。これまでのクラス1規定のいきさつ、そして今後数年の流れを、改めてまとめてみよう。

 2009年、ツインリンクもてぎでのスーパーGT最終戦にDTMの代表団が訪れ、車両規定統一に向けて動き出したのがこのクラス1規定のそもそもの始まり。関係メーカーへの説明会や、DTMを運営するITR e.VとGTAとのさまざまな交渉を経て、2012年にザ・プリンス・パークタワー東京で行われた記者会見で、車両規則統一化に向けた契約が締結された。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 すでに2012年からDTMでは共通モノコックを中心にさまざまなパーツを共通化した規定を採用し、それまで参戦していたアウディ、メルセデスベンツに加え、この規定に魅力を感じたBMWが参戦。2014年からはGT500でも、エンジンの違いこそあれ同じ規定を使ったマシンが製作され、ニッサンGT-RニスモGT500、レクサスRC F、そしてミッドシップ+ハイブリッドのホンダNSXコンセプト-GTという3車が登場した。

 2017年からは、スーパーGTでは14年規定からの改良が施された17年規定が導入され、ニッサンGT-RニスモGT500、レクサスLC500、ミッドシップのホンダNSX-GTという3車が登場。熱戦が続いている。なお、NSXコンセプト-GT、NSX-GTはモノコック等の共通パーツを使いながら、レイアウトがMRであるため、性能調整を加えられながら戦っている。

 一方DTMでは、2018年から「ファンがより多くのバトルを楽しみ、スリルを味わえるシーズン」とするべく、クラス1を先取りし、フロントフリックのカナードの縮小化、ラテラルダクト部分のパネル/カナードの廃止、リヤフェンダー後端下部のフリックの廃止などが採用された。GT500とは似た印象ながら、空力付加物がシンプルな形状となっている。
■今後2年間、スーパーGTとDTMでは何が走る?
 両シリーズは今後に向けて、6月にはDTMノリスリンク戦の会場でクラス1規定の技術規定について調印。DTMでは2019年から、GT500で使われてきた2リッター直4直噴ターボエンジンを使い、GT500でもモノコック変更となる2020年からクラス1規定が盛り込まれる。

 そんななか、すでに2017年にはドイツと日本でそれぞれ両シリーズの車両がデモランするイベントを開催してきたが、2019年には『ジョイントイベント』と称されるGT500とDTMによるレースを両国で1レースずつ開催したいと両シリーズは調整を進めている。そこで“誤解”が生じたのは、2020年にクラス1規定を盛り込んだ場合、GT500クラスにMRのホンダNSX-GTが出場できないのではないか……というものだ。

 坂東代表は、第3戦鈴鹿の際にこの流れについて説明したが、改めて今後3年の流れをシンプルにまとめると下記のようになる。

・2018年
SGT=17年規定を使用(NSX-GTは性能調整で参加可能)
DTM=18年規定を使用

・2019年
SGT=17年規定を使用(NSX-GTは性能調整で参加可能)
DTM=クラス1規定を使用
ジョイントイベント=SGT、DTM両車を性能調整で実現(NSX-GTは性能調整で参加可能)

・2020年
SGT=クラス1を盛り込んだ20年規定を使用
(NSX-GTは性能調整で参加可能。空力については3車ともSGT規定)
DTM=クラス1規定を使用
ジョイントイベント=NSX-GTについては調整中。DTMはクラス1、SGT車両は空力パーツをクラス1に合わせたものに変更して参加

 今後、2020年にクラス1規定を盛り込んだものがスーパーGTで採用された場合、ホンダが引き続きNSX-GTで参戦するのか、それとも他の2社に合わせて規定どおりのFR車両を開発するのかは、現在のところ不明だ。一部には、ホンダがすでにFRの研究をしているという噂もあるものの、まだ「2020年にはNSX-GTが出られないという話はどこにもない(坂東代表)」という状況だ。
■「3メーカーとGTAがあって初めて日本のモータースポーツを作る」
 坂東代表はこの件について、SUGOでの定例記者会見の場で「2019年のジョイントイベントは、クラス1“プラスアルファ”なので、ここにNSX-GTは参加できる。2020年には、現状『ジョイントイベントはクラス1にしよう』となっていて、調整をしている。まだ調整をしている状態で、GTAとしては、国内のレースを潰してクラス1にはならない。レクサス、ホンダ、ニッサンがあって、GTAがあって初めて日本のモータースポーツを作るということは変わりはない」と強調した。

「最終的にクラス1というものにたどり着けば、それはベスト。ただドイツ、日本とそれぞれが諸事情のなかでやっている以上、まだ相談する要素だったり、推移を見る必要がある。クラス1=スーパーGTになる日に向けてやっていくが、現行のなかでスーパーGT=クラス1にするには、今の3メーカーの状況下、それをうたうのはもう少し時間がかかる」

 坂東代表が強調するのは、現在GT500に参戦する3メーカー、そしてGTAが歩調を取りあってのスーパーGTの繁栄だ。当然ドイツ側にもメルセデスAMGの今季限りの撤退、2メーカーとなった後の今後などさまざまな懸案事項があるが、日独双方の事情を置き去りにしてクラス1を推進することはないという。

「ITR側(ドイツ側)の諸事情もあるし、クラス1だけに突っ走って、両方つぶれても困る状態。我々は我々のモータースポーツ、日本のモータースポーツを確固たる理念をもって作り上げたい。クラス1という目標に向かうのは間違いないが、それぞれの事情にも配慮しなければならない」と坂東代表。

 今後はさらに、共通パーツについての契約をGTA、ITRの双方でさらに合意を進め、ヨーロッパではITRが、アジアにおいてはGTAが知的財産権を半永久的に所有する契約を結ぶことになる。それは今季のDTM最終戦のホッケンハイムか、ITR代表のゲルハルト・ベルガーが来日して、スーパーGT最終戦もてぎで結ばれることになりそうだ。

 クラス1規定は、これまで9年間を費やし交渉が進められ続けているが、「完全に同じものを両シリーズで使い、双方のエントリーを増やす」目的から、「それぞれの地域やシリーズの特性を活かしながらコストダウンを実現し、さらに年に数度両シリーズが交流し、アジアとヨーロッパを代表するシリーズに成長する」というものに変質してきていると感じる。NSX-GTの存在は坂東代表の「3メーカーとGTAがあって初めて日本のモータースポーツを作る」という目標のなか、まだその走りを観ることができそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bso*****|2018/09/25 10:36

    違反報告

    いろんな駆動レイアウトがあった方がメーカーの特色が出て良いのに。なんでFRに統一したがるんだろ?
    共通シャシーがどの範囲まで共通なのか詳しくは知らないけど、もうこれだけGT3規定が浸透して各メーカーから車両出てるんだから、クラス1とかやめてGT3車両を使えばコスト削減できると思うんだが。
  • air*****|2018/09/25 17:50

    違反報告

    話が回りくどすぎてわかりずらい。
    とどのつまりクラス1って規定だと、FRレイアウト車両しか出れないってことになってるのかな?
    なら、MRのNSXは出れないんじゃ・・・ってなるよね。
    ただでさえ、両国の文化の違いを統一しようなんて難しいことしようとしてるんで、まあ、まだまだ時間が掛かりそうだね。
    今のスーパーGT面白くないんで、面白いシリーズになるよう期待してます。
  • ike*****|2018/09/25 18:17

    違反報告

    FFかMRしか作ってないっていう変態メーカーがおかしい。

    それはそれでホンダっぽい極端さでヨシ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します