現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マルケス、アラゴンで4戦ぶりに勝利しMotoGPタイトルに向け前進。「リヤタイヤにソフトを履く賭けに出た」

ここから本文です
スポーツ 2018.9.24

マルケス、アラゴンで4戦ぶりに勝利しMotoGPタイトルに向け前進。「リヤタイヤにソフトを履く賭けに出た」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が、MotoGP第14戦アラゴンGPで、4戦ぶりに表彰台の頂点に返り咲いた。ここ数戦、ポディウムを獲得はするものの、ドゥカティ・チームの後塵を拝してきたマルケス。アラゴンには覚悟をもってレースに臨んでいたようだ。

 マルケスはアラゴンGPの決勝日の朝に目覚めたとき、こう思ったという。「今日はリスクを冒してもいい」

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 マルケスはドゥカティを警戒していた。ここ数戦、優勝を争っていたのはドゥカティ勢のふたり、ドヴィツィオーゾとホルヘ・ロレンソだった。そのふたりは予選でワン・ツーを果たし、3番グリッドを得たマルケスの前のグリッドにつけていた。

 アラゴンGPのウイーク前、「ドゥカティはすべてのサーキットで速く安定している」とマルケスは語っていた。

 決勝日朝のウオームアップ走行を終え、マルケスはある決断を下す。それはリヤタイヤにソフトを履く、というものだった。

 決勝での使用を見据えていたハードタイヤにいい感触を得らえていなかったマルケスは、フロントはハード、リヤをソフトで戦うことを決めた。ホンダ勢でリヤにソフトタイヤを履いたのは、マルケスただひとりだった。

「チームとミーティングして議論を重ねたよ。そして最終的に、ソフトで行くという賭けに出たんだ」

 結果的にマルケスが下した選択は正しかった、と言えるだろう。オープニングラップで2番手に浮上したマルケスはトップを走行するドヴィツィオーゾの背後でチャンスを伺い、中盤以降はドヴィツィオーゾとの先頭争いを展開した。

 ドヴィツィオーゾとの間で何度もオーバーテイクが繰り返された。マルケスとドヴィツィオーゾが争ううちに、3番手を走るアンドレア・イアンノーネ(チーム・スズキ・エクスター)、4番手のアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が迫り、一時トップ集団は4台になる。

 しかし終盤の21周目にドヴィツィオーゾからトップを奪うと、マルケスはそのままチェッカーを受けた。ドゥカティの連勝を止め、マルケス自身としても4戦ぶりの優勝を手にしたのだ。

「ドヴィツィオーゾやイアンノーネとの争いは接戦だった。激しい戦いだったけれど、限界以上ではなかったよ。これがMotoGPだ。ファンが楽しめるレースなんだ」

「モーターランド(・アラゴン)は僕の好きなサーキットのひとつだ。ここで走るのは楽かったよ。かなりのプレッシャーがあるにせよね」

 ドゥカティ・チームの勢いに待ったをかけることに成功したマルケス。マルケスが負った賭けは、ポイントランキング2番手のドヴィツィオーゾに対し72ポイントの差を築くという、最善の結果をもたらした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します