現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライコネンのマネージャー、ザウバーF1復帰の経緯を語る。「話し合いの場を設けたのはキミだった」

ここから本文です
スポーツ 2018.9.23

ライコネンのマネージャー、ザウバーF1復帰の経緯を語る。「話し合いの場を設けたのはキミだった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長年キミ・ライコネンのマネージャーを務めてきたスティーブ・ロバートソンは、ライコネンがフェラーリF1を離脱することになったとしても、F1に残留する方法を探り出すことを確信していたという。

「彼が走り続けるだろうことは分かっていた。フェラーリに留まらなかったとしても、他の選択肢を探すだろうと。それに選択肢は多くなかった」とロバートソンは話す。

    【ブログ】 ライコさんは引退だろうと思っていた時期が、私にもありました…/F1自宅特派員レポート

 ライコネンは2001年にザウバーでF1デビューを果たし、その後はマクラーレン、フェラーリへと移籍した。

 2年間にわたってF1を離れた後、彼は2012年にロータスから復帰。2014年にはフェラーリへ戻り、セバスチャン・ベッテルのチームメイトとして4シーズンを過ごした。

 フェラーリが来シーズンのシャルル・ルクレール昇格を決定したことで、38才のライコネンは若手とシートを“交換”し、引退ではなく、予想外の2年契約でザウバーに復帰するチャンスを得た。

「キミはドライビングを愛している。リタイアすることもできた。しかし彼はF1の頂点でドライブすることをただ愛しているのだ」とロバートソンは説明した。

「彼はF1を象徴するチームに8年間在籍した。それは素晴らしいことだ。いま、彼はキャリアをスタートさせたチームでそれを終わらせることを決心したのかもしれない」
 ライコネン自身は、これがおそらくF1での彼の最後の契約になるだろうと認め、以下のように語っている。

「大きなチャンスがあることは間違いない。僕は、自分がやめるにふさわしいと感じたときにリタイアするよ」

 ライコネンはイタリアGPの前に、フェラーリF1代表のマウリツィオ・アリバベーネから、契約を更新するつもりがないことを言い渡されていた。ライコネンがザウバーに復帰するという案は彼自身が強く求めたもので、話は非常に早く進んだ。

「こういうことが起きた。それは僕が決めたことでも、判断したことでもない。これが結果なんだ。少なくとも、結果は出た。僕は昔からの人たちを知っているし、それがあったから始まったんだ」とライコネンは語っている。

 ロバートソンは今回の経緯を、メディアに対して以下のように説明した。

「まずキミが彼らとの話し合いの場を設け、それから私に委ねた。彼らは関心を示し、キミもまた関心があることを明確にした。これまで彼のキャリアのなかでずっとそうしてきたように、彼は私に仕事を託し、契約を締結した」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します