現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1第15戦シンガポールGP予選トップ10ドライバーコメント

ここから本文です
スポーツ 2018.9.16

F1第15戦シンガポールGP予選トップ10ドライバーコメント

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1第15戦シンガポールGP、予選トップ10に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 予選=ポールポジション

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ


 あのラップは、完璧な形でスタートし、完璧なまま走り切ることができた。魔法のような感じだったよ。これまでで最高とは言わないまでも、最高のひとつと言えるラップだった。僕たち兄弟のなかでは、“セクシーなラップ”と言う類のものだ。

 今日僕のなかに、あれを1周だけ走る力があって、その後はそれ以上速くは走れなかった。このトラックでは自信を持ってプッシュできるかどうかが何より重要だ。たとえばブレーキングポイントやマシンの一貫性といったものに確信がなければならない。ほんの数周で、その状態まで持っていく必要があるんだ。そして自信を一度失ったら、取り戻すのはとても難しい。

 だからQ2でハイパーソフトで2周余計に走ることができてよかった。それによってタイヤに関する理解を少し深めることができたんだ。

 Q3ではそれぞれのコーナーで限界まで攻めつつ、そこを超えることはなく走り、ホイールスピンも全くなかった。

 今シーズン、僕は決勝で強さを発揮できていると思うので、明日もそうなることを願っている。確実に良いスタートを切るために、今夜は懸命に仕事に当たる。

 その後はタイヤマネージメントをうまくやることがすべてだ。ハイパーソフトを長持ちさせるのは簡単なことではないけれど、誰もが同じ状況なのだし、面白いことになるはずだ。

 フェラーリとレッドブルはロングランでのペースが特に良かったので、明日は彼らと戦うことになるだろう。でも今日、彼らよりも良い仕事ができたことと、チームの皆からのサポートに感謝している。僕は今、メルセデスやチーム全員との旅路をたどっている。本当に驚くべき体験だ。

(ポールラップについて語り)魔法みたいなラップだった。どこから出てきたのか分からないけれど、ともかくひとつにまとまったんだ。今日はあの1周だけ、完璧に走ることができた。あのラップのなかに、少しでも何かよくない部分があったとは思わない。完璧な形で限界を極めたラップだった。マシンを完全にコントロールし、すべてのコーナーをベストな形で走った。あれ以上のことができたとは思わない。何でもできる、という気分だった。

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=2番手


 F1キャリアのなかで最高の予選だった。フリー走行と予選でエンジンにドライバビリティの問題を抱えていたので、2番手を獲得できてとても驚いた。

 セッションごとにセッティングを改善していき、その結果、マシンは素晴らしい感触になった。それでQ3でとてもいいラップを走ることができた。最大の改善点はフロントのグリップを大幅に向上させたことで、それがQ2とQ3で大きな助けになった。

 ここでほとんどミスなくいいラップが走れたと感じたならば、大抵それはフロントロウ獲得につながる。問題を抱えていたのにフロントロウにつけられたのだから、本当に満足だ。

 スタートでルイス(・ハミルトン)に近づけて、リードを奪うことができたら、優勝のチャンスもある。ここは抜きにくいコースだからね。

 セーフティカーなどの運も必要だが、いつもどおりベストをつくすよ。勝利に挑戦できるポジションを手に入れたのは間違いない。

(formula1.comのインタビューにこたえ)勝利を勝ち取ったような気分だ。今日は山ほど問題を抱えていた。予選でもエンジンに問題があり、スムーズに走れなかった。だから2番手になったなんて信じられない。僕らのマシンがどれだけ素晴らしいかが分かる。全く予想しなかった結果だ。FP3でトラブルが多発したため、怒りに震えていたけれど、今は喜びに震えている。
■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=3番手


 今日は理想的なラップを走れなかった。全体的に見て予選はもっとうまくやれたはずなのに、そうはならなかった。マシンから最高の力を引き出すことができなかったと思う。ひと言で言って、スムーズな予選ではなかった。

(ライバルとの)差は大きいけれど、その原因の一部はコースがとても長いというところにあるので心配はしていない。(ポールポジションを獲得した)ルイス(・ハミルトン)はとてもいいラップを走ったが、彼に勝つのは不可能だったとは思わない。

 もちろんいつだってフロントロウからスタートする方が有利には違いないが、明日の決勝は問題ない。僕らのマシンは優れているし、前のグループについて行き、2時間のレースのなかで何かしらできると信じている。レースでは何が起こるか分からないしね。

 もちろん要素はすべて揃っていたから、僕らは本当ならもっといい結果を出せたはずだ。でも今日は物事すべてをうまくまとめることができなかったんだ。

 3番手だって大失敗というわけではないので、取り乱したりはしていない。ただ、今日の予選ではポールを獲りたかったし、そのチャンスがあったのは確かだ。

 まとまりのない予選になってしまい、Q3では大幅にタイムを失い、3位どまりという結果になった。僕らの予選のやり方では、リズムを作るのが難しかった。予定どおりには進行せず、Q1からQ3までずっと苦戦した。

 ライバルたちの方がいい仕事をした。ルイス個人だけでなく、メルセデスチームもそうだ。でもこのギャップ(0.613秒)を心配してはいない。今日の予選では僕らの強さを示せなかった。パッケージから最大の力を引き出すことができなかったのが残念だ。

 けれどもいまは気持ちを切り替えて、明日の戦いがどうなっていくかに注目していよう。

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 予選=4番手


 当然ながら4番手は理想的ではないから、今日の結果には満足できずにいる。FP3からQ2まではすべてがとてもうまくいっていたんだ。でも他のライバルたちがQ3になって大きくタイムを更新したのに、僕はそれができなかった。路面コンディションが改善したことを実感できなかった。

 ルイス(・ハミルトン)は素晴らしいアタックをしたが、0.7秒というのはかなりの差なので、何が問題だったかを正確に突き止めるために調査と分析をする必要がある。

 フェラーリ、レッドブル、僕らの3チームはロングランのタイムが同等だから、もっと上で予選を終えて、フロントロウから攻めていければよかったが、それができないのは残念だ。

 僕らは去年のここでの状態と比較すると、間違いなく競争力を増している。マシンは改善されているし、セッティングの方向性も正しい。だから明日に向けて楽観的に見ているよ。

 明日は新しい一日になるし、少なくとも1台のフェラーリは僕の後ろからスタートする。長いレースが待ち構えているけれど、懸命に攻めてセバスチャン(・ベッテル)の前に出られるよう努力しよう。

 3チームが混在した状態だから、どんなことでも可能になる。このコースはオーバーテイクが難しいので、スタートと戦略の両方が、レースの勝者を決定づけることになるだろう。
■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 予選=5番手


 今日の予選では予想していたよりも苦労した。タイヤをすぐにベストの状態に持っていき、うまく機能させることにてこずったんだ。今週末、予選前まではやれていたことなので、少し驚いた。

 フリー走行から予選の間に事態が急激に変わるということは、時にあり得ることだ。特に今回のグランプリのようなケースでは、フリー走行でのタイムを見ることに意味なんてない。

 もちろんこの予選結果は素晴らしいものではない。ここはラップを完璧に決めることができればとてもいい結果になるし、何か問題を抱えていると、あっという間にタイム差がついてしまう。そういうサーキットなんだ。

 明日は長い一日になる。全員が僅差で続いているから、長く厳しく忙しないレースになるだろう。それにここでは通常、いろいろなことが起きる。正しい判断を下して、うまく対処していきたい。
■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=6番手

 おかしな予選だった。Q3で速さを失ったことに驚いた。FP3から予選までの間にいくつかの変更を施し、最初はマシンの感触はかなりよかった。変更したことすべてがプラスに働いたように思えたし、路面が改善するにつれてどんどん速くなっていくものと思っていた。ところが、予選が進むにつれてペースを失っていったんだ。

 なぜそうなったのかについての答えは、まだ持ち合わせていない。今はただただ悔しい。正直言ってフロントロウを獲得するチャンスもあると思っていたのに、1時間の間にライバルたちから1秒近い差をつけられてしまった。

 Q3で2回アタックしたが、改善することはできなかった。すべてを正しく行ったにもかかわらず、ラップタイムにはそれが表れなかったという感じだね。

 レースペースが良いことは分かっているが、市街地コースでは予選がとても重要だ。不可解で苛立つ予選だったけれど、とにかく答えが見つかることを願っている。
■レーシング・ポイント・フォース・インディアF1チーム
セルジオ・ペレス 予選=7番手


 素晴らしい結果だよ。今日のパフォーマンスには本当に満足している。完璧なアタックをするのが難しいコースで、ほぼ完璧に近いラップを走れたと思う。

 僕らは直接のライバルたちよりも前で、トップ集団のすぐ後ろにいる。ハースに対しては0.4秒、ルノーには0.6秒のアドバンテージがあるんだ。アップデートしたパッケージが、すでに違いを生んでいることを証明できていると思う。このコースは通常、僕らの強みを生かせない場所だから、ペースを発揮できたことをうれしく思っている。

 明日のレースは2時間近くと、長いものになる。シンガポールは事故やセーフティカーが最終的な結果に影響するので、退屈なレースになったことなどない。チェッカーフラッグまでマシンを走らせ、ミスを回避し、シンガポールの8戦中8回というポイント獲得記録を達成できることを願っている。

 ハイパーソフトタイヤでスタートするので、後ろのマシンに負かされてしまうかもしれないが、ここではコース上でのポジションが非常に重要だ。モナコほどではないけれど、追いかける立場よりも、前で防御する立場の方がいい。

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 予選=8番手


 素晴らしいパフォーマンスを発揮できたと思う。最後のアタックではターン21でひどいオーバーステアに見舞われてしまった。そこでコンマ3秒ほど失ったと推測できるから、あれがなければ(7番手のセルジオ・)ペレスとはかなり接戦になっていたはずだ。フォース・インディアはモナコが本当に速かった。ここも同じタイプのコースだから、彼らに近づくことができて少し驚いている。

 ケビンが(Q1で)脱落したことは残念だ。0.1秒ほど足りなかったのだと思う。こうしたコースではQ1で限界を探り出すことが、いつだって難しいんだ。プッシュしすぎてクラッシュするのも嫌だけれど、上に行くためにはプッシュする必要がある。

 とても長いレースになる。ハイパーソフトタイヤは3周くらいしか力を発揮しないから、その後はソフトに交換したほうがいい。明日は面白くなるだろう。暑くなるし、セーフティカーも出るだろうから、良いレースペースで走ってバトルをしていけるといいね。

■レーシング・ポイント・フォース・インディアF1チーム
エステバン・オコン 予選=9番手


 今夜の結果をとてもうれしく思っている。僕らには素晴らしいマシンがあるし、アップデートも本当によく機能しているから、今日達成した結果に満足していいと思う。

 ウォールにこすってしまったことで少しタイムを失っただろうから、僕のQ3でのアタックは理想的ではなかった。これがなければ、グリッドのもう少し上につくこともできたかもしれない。

 明日に向けてはいい感触を持っている。レースでは何が起きてもおかしくないから、トラブルを避けつつ機会をうかがう。ここではオーバーテイクが容易ではないので、1周目が本当に重要になる。ポイントを多く獲得できるだけのレースペースはあると思うよ。

■ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 予選=10番手


 もっとグリッド上位につけられるポテンシャルはあっただけに、少し悔しいね。最後のアタックはあまり良くなかったけれど、予選ペースはタイミングシートで見るほど悪かったわけではない。今日は7番手、8番手あたりが可能だっただろうが、思うようにいかなかった。

 昨日のシミュレーションではレースペースが良かったので、ポジティブでいられるよ。タイヤとレースのマネージメントが極めて重要になる。ハイパーソフトタイヤでのスタートは簡単ではないだろうけれど、可能な限りうまく管理していかなければならない。良いレースを走り、すべてを最適化して、久しぶりにポイントを獲りたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します