現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ「期待外れの予選結果だが、決勝で挽回すべく、対策を講じていく」:F1シンガポールGP

ここから本文です
スポーツ 2018.9.16

トロロッソ「期待外れの予選結果だが、決勝で挽回すべく、対策を講じていく」:F1シンガポールGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1シンガポールGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは15番手、ブレンドン・ハートレーは17番手だった。

 FP3ではガスリーが1分40秒686をマークして14番手、ハートレーは1分41秒562で17番手だった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 予選Q1では、ガスリーが1分39秒614で15番手でQ2に進出。ハートレーは1分39秒809で17番手となり敗退した。

 Q2でガスリーは1分39秒691のタイムを出すが、Q1での自己ベストを更新することができず、15番手で予選を終えた。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
車体パフォーマンスマネージャー ギヨム・ドゥゾートゥ
 金曜プラクティスでショートランがあまりよくなかったので、マシンのセットアップとタイヤに関して分析を行った。FP3に向けて用意したプランは、ピエールに関してはとてもうまく機能し、彼はいいラップを走ることができた。ただ、2回目の計測ラップの最終セクターでひどいオーバーステアに見舞われた。このコースのレイアウトを考えると、とても理想的といえる状態ではなかった。ブレンドンの方がさらに苦労しており、マシンのハンドリングに不満を訴えていた。

 しかしFP3ではある程度前進できたと考えていたため、予選ではもっといい結果を出せることを期待していた。Q1ではトラフィックを回避し、路面コンディションの変化に対応することに集中した。ピエールは2回目のランでいいラップを走ったが、ブレンドンはミスをし、Q1で敗退となった。Q2でピエールは2回の走行を通してマシンバランスに苦しみ、リヤの不安定さに悩まされて、Q3入りをかけて戦える状態ではなかった。

 これからすべてのデータを分析し、何が起きたのかを理解し、苦労した予選から学習する。決勝の戦略としては、1回ストップか2回ストップかなど、いろいろな選択肢を考えていく。金曜のロングランではそれなりにいいペースを発揮していたし、ここでは何が起きてもおかしくない。明日は中団で全力で戦うと、ファンの皆さんに対して誓う。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します