現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スバルで初ポールの山内英輝「SUGOはF3時代から得意で自信を持って走れる」/GT300ポール会見

ここから本文です
スポーツ 2018.9.15

スバルで初ポールの山内英輝「SUGOはF3時代から得意で自信を持って走れる」/GT300ポール会見

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーGT第6戦SUGO、GT300クラスのポールポジションを獲得したのはSUBARU BRZ R&D SPORTの井口卓人と山内英輝だった。今季初ポールの喜び、そして決勝への決意をふたりが語っている。

SUBARU BRZ R&D SPORT
井口卓人
「山内(英輝)選手はSUGOがすごく速い、ということを聞いていたんですけど(笑)、山内選手と組めて本当に良かったと思います。Q2で速いタイムを出してくれたことに感謝です」

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

「天候が難しいなか、僕も(GT500のジェンソン)バトン選手と同じで、朝はレイン(タイヤ)しか履いていない状況から、Q1でいきなりの(ドライで)アタック。吐きそうなくらいのプレッシャーがありましたが、なんとかトップタイムを出して山内選手にうまくつなぐことができました」

「(今年は残念なレースが何度かあったが)富士のレース後にトラブルの原因はつかめていますし、そのあと、SUGOとオートポリスのテストでロングランもしっかり走り切れました。もちろんレースでは分からない部分もありますけど、チーム全体でしっかり準備はできています」

「メカニックのみんなは大変な思いをして乗り越えてきていますし、明日は僕たちドライバーがそれを(結果で)かえせるよう、いい走りをしたいと思います」

「ポール(ポジション)からスタートできるとはいえ、SUGOには“魔物”がいますから、それをいかに味方につけられるか、ですよね。でも、そのための準備もできていると思います。明日はチームとファンのみなさんと一緒に笑ってレースを終われるようにしたいです」

山内英輝
「スバルで4年目、やっとポールを獲れました。すごく長かったんですけど、スバルを応援してくれるファンのみなさんの前でポールを獲れたことを嬉しく思います。SUGOはすごく好きなコースなんです。F3時代から得意で、自信をもって走れるコースだと思っています」

「(GT500の)山本(尚貴)選手が『バトン選手が3位でQ1を通過したのでプレッシャーが大きかった』と言っていましたけど、僕の場合は井口選手がQ1を(予選A組、B組の)2グループ全体トップで通過してくれたので、それ以上に吐きそうなくらいの重圧でした(笑)」

「井口選手がいい走りをしてくれたのを見て、僕も頑張ろうと思いましたし、ダンロップタイヤ、そしてチームにも感謝したいと思います」

「大事なのは明日です。(井口選手が言うように)それだけの準備はチーム全体でしっかりしてきていますので、それを信じて走っていきたいと思います。僕たちは他のマシンよりピット(の給油時間)が長くなる面がありますけど、そのためのマージンをつくるにも最高のポジションからスタートできますからね」

「もちろん(SUGOでは)何が起きるか分からないですけど、僕たちドライバーは後ろを引き離すことだけを考えていきたいと思います」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します