現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1 Topic:トロロッソ・ホンダの後任候補にセバスチャン・ブエミが浮上、ハートレーはシンガポールGPが正念場か

ここから本文です
スポーツ 2018.9.15

F1 Topic:トロロッソ・ホンダの後任候補にセバスチャン・ブエミが浮上、ハートレーはシンガポールGPが正念場か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セバスチャン・ブエミが、シンガポールGPに来ていた。ブエミは1週間前の9月5日に、イタリア・ファエンツァにあるトロロッソのファクトリーでシートフィッティングを行ったばかり。その様子は、トロロッソがチームの公式ツイッターで以下のように紹介している。
pic.twitter.com/aSkTpZDYHy
「Ciao Seb! Our reserve driver stopped by earlier today for another seat fit」
「こんにちは、セブ。私たちのリザーブドライバーがシートフィッティングのために今朝やってきました」

 ブエミによれば、「シートフィッティングは、トロロッソから連絡が来て、行っただけ。F1に復帰するのかどうかは、僕にはわからない」と語っている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 トロロッソ・ホンダは、すでにピエール・ガスリーの2019年レッドブル移籍が決定しており、ブレンドン・ハートレーの残留は未定だ。つまり、少なくとも1つは空きがある状況で、場合によっては2つともドライバーが入れ替わる可能性もある。

 そこで注目されているのが、かつてトロロッソでF1を戦い、現在レッドブルとトロロッソのリザーブドライバーを務めているブエミだ。

 ブエミは2009年にトロロッソからF1にデビューし、いきなり開幕戦のオーストラリアGPで7位に入賞したが、その後、その成績を上回る結果を残せないまま、2011年シーズンを最後にF1の表舞台から姿を消した。

 しかし、ブエミの真価はその後、発揮される。

■セバスチャン・ブエミとブレンドン・ハートレーの違い

 2014年には世界耐久選手権でトヨタに初のチャンピオンをもたらし、2015-16年のフォーミュラEではルノー・e.DAMSを駆ってチャンピオンに輝いた。そして、2018年のル・マン24時間では、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソとともにトヨタの総合初優勝に大きく貢献した。

 世界耐久選手権からの復帰という点では、ハートレーと似たような経歴を持つブエミ。ハートレーがなかなか結果を残せずに苦戦している姿を見ていると、ブエミの起用には若干の不安を覚えるのは当然だ。

 しかし、ハートレーとブエミには、似ているけれども、決定的に違う点がある。それはすでにブエミはトロロッソで、ある程度の実績を残しているということだ。3シーズンのうち、2シーズンはチームメイトに選手権ポイントで上回っていた。

 リザーブドライバーというのは、何らかの理由によってレギュラードライバーが、走行できなくなったときにその代役を務めるドライバーのことで、最近では2016年のオーストラリアGPでクラッシュしたフェルナンド・アロンソの代わりに、マクラーレンがストフェル・バンドーンを起用した例がある。

 ただし、レギュラードライバーに何も起きなくとも、リザーブドライバーが登場する可能性がないわけではない。昨年のマレーシアGPでダニール・クビアトの代役として、トロロッソからF1にデビューしたガスリーもリザーブドライバーだった。

 ブエミによれば、「リザーブドライバーだったが、今シーズン、F1に来るのは今回が初めて」だという。つまり、ここにきて、急にブエミにスタンバイの声がかかったことになる。そのことを知っているのかどうかはわからないが、ブレンドン・ハートレーはこう語っている。

「僕に必要なのは、結果だ。ポイントを獲得しないとね」

 シンガポールGPはトロロッソ・ホンダにとって、相性のいいサーキット。ハートレーにとっては真価が問われるグランプリとなる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します