現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺テクニカルディレクター「トラブルフリーの走行で、多くのデータを収集。改善のため分析する」|F1シンガポールGP金曜日

ここから本文です
スポーツ 2018.9.15

ホンダ田辺テクニカルディレクター「トラブルフリーの走行で、多くのデータを収集。改善のため分析する」|F1シンガポールGP金曜日

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シンガポールGPでは善戦が期待されていたトロロッソ・ホンダにとって、初日のセッションは厳しい結果となった。ピエール・ガスリーはFP1で16番手、FP2では18番手、ブレンドン・ハートレーは両セッションを17番手で終えた。

 ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、初日の走行を次のように振り返った。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

「我々はトラブルフリーで、3時間にわたって走行を行うことができました。ふたりのドライバーは数多くの周回をこなし、そのことは、始めてこのコースを走るふたりにとって、特に重要なことでした」

 田辺テクニカルディレクターは、そうチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「その走行は、我々に多くの有用なデータをもたらしました。しかし、タイムシートでも見ることができるように、我々にはまだ改善の余地があります」

「我々はエネルギーマネジメントを含む、パッケージのいくつかの面を改善するため、ショートランとロングランの数値を分析するつもりです」

 トロロッソのチーフ・レースエンジニアであるジョナサン・エドルズは、問題の原因は、ハイパーソフトタイヤ1周目のパフォーマンスであると指摘。FP3で2セットのハイパーソフトタイヤを使い、改善に向けたアイデアを試すという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します