現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日産、フォーミュラEデビューに向け”新パートナー”e.damsの株式を取得。関係強化へ

ここから本文です
スポーツ 2018.9.12

日産、フォーミュラEデビューに向け”新パートナー”e.damsの株式を取得。関係強化へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産は、今年の12月から始まるシーズン5からフォーミュラEに参戦するにあたり、パートナーとなるe.damsの株式を取得し、その関係を強化したことを発表した。

 e.damsはフランスのレーシングチームであるDAMSをベースとしたチームであり、フォーミュラEには第1シーズンからルノーのパートナーとして参戦。その間に15勝を挙げ、第1~第3シーズンにかけ、チームタイトル3連覇を成し遂げるなど大成功した。しかしシーズン5からパートナーが日産に変更。それに伴い、日産が同チームの株式を取得することとなった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「日産はフォーミュラEシリーズへの参戦に向け、e.damsとパートナーシップを結ぶことで、彼らの持つレースやチャンピオンシップでの勝利に向けたノウハウを活用することが可能になりました」

 日産のグローバルマーケティング・ブランドストラテジー担当常務執行役員であるルー・ドゥ・ブリースは、同社のプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「フォーミュラEのシーズン5は、参戦する全チームが新開発のマシンとパワートレーンを採用することが義務付けられており、チャンピオンシップはさらに厳しいものになるでしょう。日産はパートナーシップへのコミットメントの一環として、e.damsの株式を取得しました。ジャンポールや彼のチームとともに戦いに挑めることをとても楽しみにしています」

 またe.damsのチーム監督であるジャン-ポール・ドリオも、次のようにコメントを寄せた。

「私たちは日産とともに、この先に待ち受ける新たなチャレンジに取り組んでいきます。私たちは、これまでフォーミュラEで築いてきた歴史を大変誇りに思っており、これから新たなパートナー、新たなマシンとともに、シリーズの歴史に新たな1ページを刻むことを、とても楽しみにしています」

 なお、シーズン5のe.damsのドライバーはまだ決まっていない。ニコラス・プロストは昨シーズン限りでチームを離脱、これまでエースドライバーを務めてきたセバスチャン・ブエミはTOYOTA GAZOO Racingの一員としてWEC(世界耐久選手権)に参戦中であり、日本の2メーカーと同時に契約ができるのかどうかは不透明な状況だ。

 他の候補としては、昨シーズンはNIOから参戦していたオリバー・ターベイらの名が挙がると共に、日本人ドライバーを起用するのではとの噂も海外では流れているようだ。

 フォーミュラEの第4シーズンは、12月15日にサウジアラビアのリヤドで開幕する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します