現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【あなたは何しに?】日本人として唯一『F1パドックの殿堂入り』を果たしたF1解説者の川井一仁

ここから本文です
スポーツ 2018.9.12

【あなたは何しに?】日本人として唯一『F1パドックの殿堂入り』を果たしたF1解説者の川井一仁

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1シーズンを転戦していると、いろいろな人との出会いがある。そんな人たちに、「あなたは何しに?」と尋ねる連載企画。今回は、F1第14戦イタリアGPで『F1パドックの殿堂入り』を果たしたTV解説者の川井一仁さんをご紹介。

------------------------

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 イタリアGPが行われた週末に、モンツァのパドックで、ある表彰式が催された。それは『F1パドックの殿堂入り』を祝う会だった。

 主催したのは2018年からリバティ・メディア体制となり新しくなったF1で、「パドック殿堂を創設し、25年以上にわたりこのスポーツに多大なる貢献を行ってきた人々に感謝し、表彰する」というのが、その目的だった。

 選考にあたったのは、ロス・ブラウン(F1モータースポーツ担当マネージング・ディレクター)、チャーリー・ホワイティング(FIAレースディレクター)、マウリツィオ・アリバベーネ代表、マーティン・ブランドル(元F1ドライバー)の4人。

 この4人によって、今回『F1パドックの殿堂入り』に選ばれたのは33人。80年代からウイリアムズに所属し、広報の草分け的存在として、いまなお現役で活躍しているアン・ブラッドショーやザウバーがF1に参戦した93年からチームマネージャーとして活躍しているベアト・ツェンダーらチーム関係者だけでなく、テレビクルー、ジャーナリスト、カメラマンらも大勢選出された。


 この33人の殿堂入りしたF1関係者の中に、日本人としてただひとり選ばれたのが、フジテレビの解説者として活躍している川井一仁さんだ。

 80年代にテレビ関連の仕事でF1の世界に入った川井さん。海外留学で培った語学力が買われて88年のモナコGPからピットレポーターを開始。その後、TV解説者に抜擢された。

 川井さんの豊富な情報力はF1界でも一目置かれており、海外のテレビクルーやジャーナリストが予選やレース前に、川井さんの予想をうかがっているほどだ。

 25年以上もの間、活躍し続けるだけでも大変だが、そのうえ、その存在がF1界に認められた川井さん。もちろん、今回のパドック殿堂入りは、日本のモータースポーツ界として初めての快挙だった。

 川井さんには、記念として4分の1にカットされたブレンボ製のブレーキディスクが贈られた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します