現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2戦連続表彰台も「悔しい思いをした」と平川亮。鈴鹿では優勝目指す/スーパーフォーミュラ岡山

ここから本文です
スポーツ 2018.9.11

2戦連続表彰台も「悔しい思いをした」と平川亮。鈴鹿では優勝目指す/スーパーフォーミュラ岡山

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーフォーミュラ第6戦岡山を3位で終えたITOCHU ENEX TEAM IMPULの平川亮は、予選でも決勝レースでも悔しい思いをしたと振り返り、最終戦の鈴鹿では優勝を目指したいと語った。

 前戦もてぎでは2ストップ戦略を成功させ、スーパーフォーミュラで4年ぶりの表彰台を獲得した平川。この週末は、金曜日の占有走行はドライコンディションで行われたが、土曜日は一転してウエットコンディションになった。午前中のフリー走行では8番手だった平川だが、ここではあまり調子が良くなかったのだという。そして同じくウエットで行われた予選では、Q1をトップ通過、Q2を2番手通過と速さを示していた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 そして迎えたQ3。平川はアタックラップをまとめることができたものの、トップから0.6秒差の3番手に終わった。

「朝(フリー走行)はあまり調子はよくなかったんですけど、予選に向けて変更した部分や、セットアップがよくなって、Q1から調子が良かったです」

「(Q3では)中古タイヤで思っていたほどグリップしなくて、1周きれいにまとめたんですけど、3番手で悔しい予選になりました」

 ただ、ポールポジションを獲得したチームメイトの関口雄飛や、2番手の小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)らが新品タイヤでアタックを行った一方、平川はユーズドタイヤでのアタックだったという。

「Q1で(新品タイヤを)2セット使ったので、(Q3で使う新品)タイヤがなかったんです。(Q3では)タイヤが温まっていたのでアタックという感じでした」

 日曜日の決勝レースでは、スタート直前に雨脚が強まったこともあってセーフティカー先導でのスタートに。その後6周目を終えたところで赤旗中断となり、約1時間ほどの中断を挟んでレース再開となった。

 平川の前では関口と小林が優勝争いを繰り広げていたが、彼はそれに絡むことができず、スタート順位と同じ3位でレースを終えた。

「今日のレースは前の2台についていけなくて悔しい思いをしました」

「ずっとタイヤが温まらなくて、セーフティカー中も頑張って温めたのですが、今度はブレーキがヒートしてダメになったり、あまりうまくいかないレースでした」

「2台と絡んでトップ争いできればなと思いました」

 今回関口が優勝し、平川が3位に入賞したことで、ITOCHU ENEX TEAM IMPULはチームランキングで2位に浮上した。また平川のポイントは関口と同様の17となり、ランキングは5位。来月行われる最終戦では、最大で14ポイントを獲得することができるので、彼はタイトル獲得の望みを残して鈴鹿でのレースを迎えることになる。その鈴鹿では、優勝を目指したいと語った。

「この2レースとも表彰台を獲得しているので、最終戦の鈴鹿では優勝目指して頑張りたいと思います」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します