現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ライコネンはいつまでもフェラーリ・ファミリーの一員」チーム代表が感謝

ここから本文です
スポーツ 2018.9.11

「ライコネンはいつまでもフェラーリ・ファミリーの一員」チーム代表が感謝

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクーデリア・フェラーリは、2018シーズン限りでキミ・ライコネンがチームから離脱することを発表。その直後に、アルファロメオ・ザウバーがライコネンと2年契約を交わしたことを明らかにした。さらにフェラーリ育成ドライバーであるシャルル・ルクレール(ザウバー)のフェラーリ昇格も発表された。

 今季F1デビューしたルクレールが目覚ましい活躍を見せたことで、フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネがルクレールのフェラーリ昇格を後押ししていたが、今年7月にマルキオンネが亡くなったことで、ルクレールとライコネンの去就は不透明な状態となった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 しかしイタリアGPの週末に、フェラーリがマルキオンネの計画を尊重し、ルクレールを起用するとの見方が強まっていた。

 2007年にF1チャンピオンを獲得したライコネンは、2001年にザウバーからF1デビュー。これまで284戦に出走し通算20勝、表彰台獲得100回を記録している。

 2009年に一度F1を引退した彼は、WRCに転向。その後2012年にロータスに加入しF1復帰すると、その年のアブダビGPと翌年の開幕戦オーストラリアGPで優勝を飾った。しかし2014年にフェラーリに戻ってからは、優勝することができていない。

 フェラーリのチーム代表マウリツィオ・アリバベーネは、ライコネンのチーム離脱について次のように語った。

「近年、キミのチームへの貢献は必要不可欠なものだった。それはドライバーとしてもそうだし、彼の人間性も重要だった」

「彼はチームの成長において決定的な役割を果たすと同時に、常に素晴らしいチームプレイヤーだった」

「スクーデリア・フェラーリのチャンピオンとして、彼はいつまでもチームの歴史の一部であり、フェラーリ・ファミリーの一員だ」

「我々はキミに感謝し、彼と彼の家族に幸福な未来が待っていることを祈っている」

 ライコネンはフェラーリで最も成功を収めたドライバーのひとりと言っても良いだろう。ライコネンはフェラーリで144戦に出走しており、これを上回っているのはミハエル・シューマッハーだけだ。

 ライコネンはマクラーレンで5シーズン、ロータスで2シーズン、フェラーリで計8シーズンを戦ったのち、F1デビューを果たしたザウバーに戻ることになる。なおライコネンとザウバーは2020年までの2年契約を結んでいる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します