現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 全日本F3選手権第14戦岡山:ヘビーウエットのなか坪井が逃げ切り。今季11勝目

ここから本文です
スポーツ 2018.9.9

全日本F3選手権第14戦岡山:ヘビーウエットのなか坪井が逃げ切り。今季11勝目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本F3選手権第14戦は9月9日、岡山国際サーキットで18周の決勝レースが行われ、スタート時、フィニッシュ時にセーフティカーが導入されるヘビーウエットのなか、坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が逃げ切り今季11勝目を飾った。

 朝から強い雨が降る岡山国際サーキットで迎えた全日本F3選手権第14戦の決勝。なお、スーパーフォーミュラ第6戦とともにタイムスケジュールが変更されており、全日本F3の第14戦は当初予定の25周から、18周にレース距離が変更されている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ヘビーウエットのなかでのスタートのため、セーフティカースタートが選択されることになったが、4周目にSCがピットへ。坪井を先頭に笹原右京(THREEBOND)、宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)と続く展開となる。

 ただ、コース上の水量が非常に多く、大きな水煙が上がることから、なかなかバトルには至らない。そのままレースは終盤に至るが、16周目にはコース上の水量が多く、セーフティカーがふたたびコースイン。そのままチェッカーを迎えた。

 優勝は坪井で、今季11勝目を6連勝で飾った。2位は笹原、3位は宮田という結果に。阪口晴南(TODA FIGHTEX)、大湯都史樹(TODA FIGHTEX)、根本悠生(Albirex-RT)とグリッドどおりのトップ6となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します