現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「パニックになって思わず押した」可夢偉のQ3。「アタックは決まった」石浦Q2敗退の謎【スーパーフォーミュラ岡山予選】《あと読み》

ここから本文です
スポーツ 2018.9.8

「パニックになって思わず押した」可夢偉のQ3。「アタックは決まった」石浦Q2敗退の謎【スーパーフォーミュラ岡山予選】《あと読み》

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 優勝&ポルポジション獲得候補筆頭だった石浦宏明(P.MU/CERUMO·INGING)、そしてタイトルを争う山本尚貴(TEAM MUGEN)の両者がまさかの予選Q2敗退となり、ランキングトップのニック・キャシディ(KONDO RACING)も5番手止まり。次々と有力候補が脱落して読めない展開となったスーパーフォーミュラ第6戦岡山の予選。その背景を振り返る。

 今回の予選で最大の波乱は、この岡山を得意としている石浦のQ2敗退だった。石浦は金曜練習走行ではトップタイムをマークしており、タイヤの使用状況がよく見えない金曜の時点とはいえ、石浦はドライコンディションでの調子は悪くないことは間違いなく、この時点で優勝候補の筆頭に挙げられていた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 その石浦陣営の良い流れを寸断する形になったのが、予選日の雨だった。

 もともと、今シーズンのヨコハマのウエットタイヤは、どのチームも走行データが少ない。ウエットでの走行時間も決勝が中止になった第2戦のオートポリスと、第4戦の富士でわずかに走行したのみで、どのチームもウエットのセットアップのデータが不足したままで今回の岡山を迎えることになったのだ。

 マシンのウエットセットに確信がないまま、ドライバーも今季のウエットタイヤの使い方を手探りで把握しなければならない。週末に使えるウエットタイヤは4セットで、土曜日午前のフリー走行で1セット、または2セットを投入しなければならないが、当然、第2戦、第4戦のデータは季節もサーキットも違うため、セットアップだけでなくウオームアップ性などは実際のコンディションでドライバーが体感して決めなければならない。

 予選Q1は雨が降るなかで行われ、石浦は6番手でQ1突破。だが、ここから状況が変わった。予選Q1セッション終盤から雨が上がりはじめ、Q2では雨は上がり、路面はウエットコンディションながらどんどん乾いていく方向になった。

 石浦はこのQ2でニュータイヤを装着してコースインし、計測4周目にアタックしているが、「タイヤが全然、温まらなかった」と振り返っている。一方、このQ2セッションでトップタイムをマークした小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)は計測3周目にアタック。Q3でPPを獲得した関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)も計測2周目と3周目に連続アタックを行い「3周目の後半はタイヤのタレを感じたので、Q3ではウォームアップを90パーセントくらいに抑えて、3周目のアタックに絞った」と会見で語っている。

 4周走ってタイヤが温まり切らなかった石浦と、3周目でタイヤのタレがきた関口。石浦は「アタックはミスなく決められましたが、トップとは1.2秒くらいの差があった」と語っていることからも、ウエット時のクルマのセットアップがチームによって大きく異なっていたことが伺える。

■Q3セッションでも、いろいろとドラマが起きたスーパーフォーミュラ第6戦の予選
 石浦と同じように、ランキングトップのキャシディも今回の路面コンディションに苦しめられた。

 キャシディは予選Q3に進んだとは言え、5番手止まり。ポールを獲得した関口雄飛はQ3をニュータイヤでアタックしており、キャシディも皮むきしたほぼニュータイヤでアタックしていたが、2台の差は約0.7秒差と大きかった。担当の田中耕太郎エンジニアによれば、「今回はあれが精一杯。クルマのセットアップが詰め切れなかった」と、ウエットから半乾きとなった路面コンディションでの難しさを語った。

 上位では関口とともに小林可夢偉もニュータイヤでアタックして2番手を獲得。3番手の平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)はQ1でニュータイヤを2セット投入してニュータイヤがなく、ユーズドでアタック。それで3番手を獲得したのは岡山マイスターのひとりとしての面目躍如と言える。それでも平川はウォームアップの際にチームメイトの関口と絡んだこともあって満足のアタックとはならなかったようで、ユーズドでの3番手ながら会見ではまったく笑顔が見られなかった。

 一方、予選Q3ではポールの関口と2番手可夢偉の差がわずか0.02秒。しかも、可夢偉は「走っている最中にどこで押すんだっけ? っとパニックになって、思わず押してしまった(笑)」と、1周に2度使えるオーバーテイク・システムの2回目の使用タイミングをダブルヘアピンの手前で間違ってしまった。一方の関口は「トヨタのおすすめでもあった、最終コーナー手前で使いました」と話しているように、タラレバで言えば、可夢偉は0.02秒差をひっくり返していた可能性が高い。それでも可夢偉は「まあ、タラレバですから」と、潔く関口のポールを祝福した。

 明日の決勝もウエットコンディションが濃厚だが、今回の予選上位がそのまますんなりとレースでも上位をキープできるかと言ったら、それはまた別問題になりそうだ。今回の予選Q2、Q3は半乾きの微妙なコンディション。石浦も「今回の予選ではコンディションに対して何かが間違ってしまった。明日の決勝は今日のような雨量ではないと思うので、チャンスがないわけではないと思っています。ほぼビリから4位まで上がったレース(昨年第4戦もてぎ)もありましたので」と前を向く。

 各チームのマシンのセットアップと路面コンディション、雨量、そしてどの程度のウエットタイヤで臨むのか、などなど、複雑な要素が絡み合うことになりそうなスーパーフォーミュラ第6戦岡山の決勝レース。一時の大雨から、若干、雨量は弱まりそうな予報だが、何はともあれ、本日の予選並に目まぐるしく読めない展開になることは必至だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します