現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダがモンツァに持ち込んだ、”最高速”を助ける新しいDRSデザイン

ここから本文です
スポーツ 2018.9.8

トロロッソ・ホンダがモンツァに持ち込んだ、”最高速”を助ける新しいDRSデザイン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダは、超高速サーキット”モンツァ”で行われたイタリアGPに、ストレートスピードを手助けする新デザインのリヤウイングを投入した。

 トロロッソが使うホンダ製パワーユニットは、メルセデスやフェラーリののパワーユニットに比べ、パワーの面で劣ると言われている。それをカバーするため、チームはウイングでできる限りの対策を施してきた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 トロロッソがモンツァに投入したリヤウイングは、姉妹チームであるレッドブルが使ったリヤウイングと比べると、それほど薄いモノではない。しかしながら、独特な形状のDRSアクチュエータ(写真矢印の部分)を採用してきた。

 このトロロッソが採用したデザインは、DRSが作動してフラップが開いた際、ある一点を超えて開きすぎないようにすることを目指していると考えられる。イタリアGPのFP2では、ターン1でマーカス・エリクソン(ザウバー)が大クラッシュを喫した。この時、エリクソンのマシンのDRSは閉じなかっただけでなく必要以上に開いてしまったことで、ダウンフォースとは逆に揚力が発生しまった可能性があると考えられる。

 トロロッソのデザインを採用すれば、チームが求める位置にフラップが留まることを確実にすることができる。そのため、問題が発生する可能性が非常に小さく、結果としてこのレベルでより積極的な低ダウンフォースを目指すことができ、そしてトップスピードに貢献することができたと考えられる。

 また、翼端板には3つのスリットが入れられている。これは、2016年にトロロッソが最初に採用したもので、今ではほとんどのチームが同様のデザインを採用している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Giorgio Piola, Matt Somerfield)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します