現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 最終アタックで大逆転!関口雄飛が今季初ポールポジションを獲得!|スーパーフォーミュラ第6戦予選

ここから本文です
スポーツ 2018.9.8

最終アタックで大逆転!関口雄飛が今季初ポールポジションを獲得!|スーパーフォーミュラ第6戦予選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年のスーパーフォーミュラ第6戦の公式予選は、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が逆転で今季初のポールポジションを獲得した。

 午前中から雨が降ったり止んだりというコンディションが続いた岡山国際サーキット。直前に行われたF3第13戦では雨も上がり、太陽も顔を出すシーンもあった。ただ、路面はまだ濡れており、WET宣言が出された中でQ1が始まった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 全車一斉にコースインしタイムアタックを開始するが、開始から4分が経過しようかというところで、トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)がダブルヘアピンの2つ目でコースオフしタイヤバリアにクラッシュ。ほぼ同じタイミングで福住仁嶺(TEAM MUGEN)も1コーナーでスピンしグラベルにつかまってしまった。2台のマシンを回収するため、セッションは赤旗中断された。

 特にディルマンは午前中のフリー走行でトップタイムを出していただけに、悔しい表情をみせていた。

 車両回収やタイヤバリアの補修など、約18分の中断を経て、残り16分5秒でセッションが再開。再び各車が一斉にコースインしタイムアタックを開始した。

 赤旗前の段階では大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)がトップタイムだったが、それを上回ったのが石浦宏明(JMS P.MU/CEURMO・INGING)で1分27秒734をマークする。さらに平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分26秒895でトップに浮上した。

 残り10分を切って、各車が一度ピットインし、タイヤを交換。すぐにコースインしタイムアタックを行った。

 それまでノックアウト圏内の15番手にいたニック・キャシディ(KONDO RACING)だが、入念にタイヤをウォームアップしアタックを敢行。1分27秒017を叩き出し、2番手でQ1突破を果たした。結局、平川がトップのままでセッションを終えた。キャシディが2番手、塚越広大(REAL RACING)が3番手に続いた。

 一方、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)は最後までタイムアタックを繰り返すも思うようにタイムを更新することができず16番手。まさかのQ1ノックアウトとなった。

 続くQ2は7分間で実施。ここでもグリーンシグナルとともに各車が一斉にコースインしタイムアタックを行うが、ここで抜群の速さをみせたのが小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)。1分25秒548を叩き出し、2番手以下に1.5秒以上の大差をつけた。

 これに対し、平川が1分26秒138で2番手、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が3番手につけたが、小林のタイムには及ばなかった。

 またタイトル争いをしている4番手にはキャシディが入ったが、石浦は9番手、山本は10番手でノックアウトとなり、Q3に進めなかった。

 ポールポジションが決まるQ3でも速さをみせたのが小林。1分24秒466を叩き出し早々とトップに浮上。ここでも2番手以下に対して0.5秒以上の差をつけ、スーパーフォーミュラでの初ポールポジション獲得かと思われた。しかし、最後の最後でアタックした関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分24秒446を記録。0.020秒差で逆転し、昨年の第2戦岡山(Race1)以来のポールポジションとなった。

 今回も、あと一歩でポールポジションに届かなかった小林。セッション後は笑顔がなく悔しそうな表情を見せた。3番手には平川が1分25秒026で続いた。

 現在ランキング5番手の関口は、ここでポールポジションボーナスの1ポイントを稼ぎ、トップから15ポイント差になった。明日の決勝レースについては天候が気になるところだが、チャンピオン争いに名乗りをあげるためにも、最高のポジションを手にした。



スーパーフォーミュラ第6戦岡山:予選結果
1. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1:24.446
2. 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)/1:24.466
3. 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1:25.026
4. 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1:25.095
5. ニック・キャシディ(KONDO RACING)/1:25.153
6. 山下健太(KONDO RACING)/1:25.340
7. 塚越広大(REAL RACING)/1:25.429
8. 国本雄資(JMS P.MU / CERUMO・INGING)/1:25.589
--以上、予選Q3で決定--
9. 石浦宏明(JMS P.MU / CERUMO・INGING)/1:26.718
10. 山本尚貴(TEAM MUGEN)/1:26.803
11. 大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1:26.811
12. 松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1:27.481
13. ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)/1:27.614
14. ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)/4:22.033
--以上、予選Q2で決定--
15. 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)/ 1:28.620
16. 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)/1:28.821
17. 千代勝正(B-Max Racing team)/1:29.939
18. 福住仁嶺(TEAM MUGEN)/1:35.377
19. トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1:57.342

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します