現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【ブログ】HALOよありがとう…もう物干し竿なんて呼ばない/F1自宅特派員レポート

ここから本文です
スポーツ 2018.9.8

【ブログ】HALOよありがとう…もう物干し竿なんて呼ばない/F1自宅特派員レポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 好評連載中のホンマさんの自宅特派員レポート。夏休み明けのベルギーGP、イタリアGPをお届けします。

*********************************************

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

こんにちは、自宅特派員のホンマです。
皆さん、夏休みをいかがお過ごしでしたか?
わたくしホンマは、この夏、異常といわれる暑さの東京へ遊びに行ってまいりましたよ。

トークショー目当ての旅ではありましたが、ちょうどイギリスの戦艦アルビオンが晴海ふ頭に来てましてね。
築地でごはんを食べ、アルビオンを見に行くのを2日間、2回くりかえしたのでございます。
時間の無駄遣いって、楽しいですよね。ふふふ。

しかし、だだでさえ暑さに弱い道民に、35度の東京は生命の危機でございました。
お外にいるだけで化粧が溶け落ちていくホットな外気。
あれうっすら蜃気楼も見えてきたような。

プラモデルの塗装もですね、暑すぎると気泡ができたりするのですよ。
ファンデーションも似たようなもんだろうと思うのですが、
道行く東京のOLさまたちのお綺麗なお姿は、ただただ感嘆でございました。
技術の違いですか? それとも気合ですか? 教えておじいさん!

化粧が落ち、紫外線をたんまり浴びたおかげさまで、
顔と手がこんがり焼けてしまいまして、現在のわたくしは夏休みの小学生男子のようでございます。
よく言えば健康的。人生前向きに。
この次は、もうちょっと涼しい時期にお邪魔したいと思います。

そうそう、ついにホンマさん、無職となりました!
これからは、浮雲のように生きていきたいと思います。ふう~ん。
いや違う、ちゃんとまた働きますので、ご安心ください。
たぶん、日本GPが終わった後くらいから、がんばるかなあ~?



さて夏休み明けは、ベルギーGPでございます。
チョコレートが好きで、ビールも好きときたら、一度は行ってみたいなスパらしいスパ!
と毎年思ってはいるのですが、ベルギーは、なかなか敷居が高いですな……。

ライコ(キミ・ライコネン)さんお得意のスパ・フランコルシャン。
現役のうちに、生観戦したいサーキットでございます。

そのスパ予選。
フェラーリの速さに震える我。
フリーで確信はしておりましたが、やはり速い。

もしかして、またライコさんのいいところがみれるのかしら。
そんな期待を鮮やかにぶち壊してくれた雨。
というか、今年雨のシーン多くないですかね? 去年どこかで降りましたっけ?
(……ホンマさん、あなたが行ったシンガポールGPで降りましたよ……)

想像してみるに、ベツ(セバスチャン・ベッテル)さんのコメント通り、チームはパニくったのでしょう。
ライコさんを軽い燃料でタイムが出せるべくすぐにコースに出してくれたけれども、おかげさまで燃料が足りず、
遅れた分、燃料を積んだベッさんは、最後まで走れてタイムを出せたと。
あの場で意識して作戦を分けるような、そんな器用なことができるとも思えない(失礼)ので、
結果はベツさんが正解だったけれども、今回はたまたま、そういう結果がでた、ということなのかな。
いやでも、ボヤかせてほしい。
だって、それがファンだもの!

レッドブルもおかげさまで、ライコさんと同じ轍を踏まれましての予選結果。
まさかのフォースインディアに間に入られての、ライコさん6番手、その後ろにレッドブルと相成りました。

そのフォース・インディア。
お名前変わって、レーシング・ポイント・フォース・インディア。
レーシング・ポイントの初レーシング・ポイント。
……これは、なんと胸に、響くフレーズ……。
よし、応援しよう。

さて翌日の決勝。
降水確率は20%。ドライコンデションでございます。
(マックス・フェルス)タッペンさん応援団のオレンジ軍団が、またも大量にいらっしゃっているようで、
観客席がオレンジ色に染まっておりますよ。
オレンジ色の発煙筒が始終焚かれていたんですが、あれ周囲の人、煙くないんでしょうかね……?
あんなのに後ろの席で終始いぶされてたら、干物になっちゃいますよ!(ならない)



ベツさんは絶対に勝たねばならぬこのレース。
しかしライコさんができるサポートは、ちとあの位置だときびしい、かも。
やっぱり予選って、チームとしても大事なのよねぇ、としみじみ。
まあメルセデスも、バルテリ・ボッタスさん後方スタートなので、似たような状態ではありますが。

スタート。
ここ第一コーナーまでの距離が短いせいで、みんな団子で突入するから怖いんですよね。
大なり小なり、絶対に誰か何かやらかすでしょ。
目を閉じて頭に浮かぶ、アレかソレかコレあたりで、きっと何かあるでしょ。
そんな中段団子組スタートなライコさん。
いやいや、でも6番手ですから。
スタート時の混乱に巻き込まれても、外側に逃げれるから
それ避けれたら、あとは順次、抜かしていけばいいんですよ!



と前向きに考えておりましたが、巻き込まれましたーーーー。
アレでもソレでもコレでもなかった、まさかのニコヒュル(ニコ・ヒュルケンベルグ)さんがフェルナンド・アロンソさんに突撃。
そしてアロンソさんからのシャルル・ルクレールくんの大クラッシュ。
連鎖でダニエル・リカルドさんにぶつけられたライコさん……。
外側に逃げるもなんも、そんなことできませんでした。あっはっは。
……つらい。



ガッタンゴットンと岩石オープン(※チキチキマシーン)な体で、なんとかピットには帰れましたが、
その後、ストレートをストレートに走れないという、欽ちゃん走りなお車になられましての、無念のリタイア。
ええ。
まあ。
なんだ。
オールージュを気持ちよく駆け上がることなく、スパ終了とあいなりました

……つらい。



まあでも、この事故で唯一よかったことは(よくないけど)、HALOの価値が認められたことでしょう。
HALOすごいぞ、すごいぞHALO。
あの頭上回転クラッシュでルクレールくんが無傷は、HALOがすばらしい仕事をしたからで。

ところでこのHALO、ヘイローと呼ぶのかハロと呼ぶのか、どっちが正解なんでしょうかね?
(我が家で、洗濯もの干しと呼んでいたことを、ここに謝罪いたします)



前半で魂が抜けてしまったため、ほぼ全レース虚ろにしか観ていないのですが、
印象的だったのは、ザヴバーとトロロッソの抜きつ抜かれつなDRSシーンでございます。
トロロがザウバーを抜き、ザウバーがトロロを抜きの繰り返し。
フェラーリエンジンのザウバーを、ホンダエンジンのトロロが抜けるってすごくないですかね?
よくなってる、確実によくなってるよ!

そしてレーシング・ポイントさんは、初レーシング・ポイントを無事獲得いたしました。
しかもダブル入賞。すばらしい。
しつこいかもしれませんが、最後にもうひとつ言わせてください。
フォース・インディアすごインディア。
ありがとうございました。



ということで、スパはこんなとこかな。
終わったことは綺麗さっぱり忘れて、モンツァに期待しましょう!

さてイタリアGP。
レース前に日本GPの3年契約が発表されましたよ。
おめでとうございます!
心配していたので、本当にうれしい。
更に今年は、ホンダさんがタイトルスポンサーになられるとか!

F1 Honda 日本グランプリ
一字変えると
F1 Honma 日本グランプリ

やだ、わたし、輝いてる!
全国のホンマさん、共に鈴鹿に行きましょう!

イタリアはモンツァは、言わずもがなフェラーリの聖地でございます。
2年前、わたくしホンマも現地観戦いたしまして、特派員レポートも書かせていただきました。
お友達に連れられて、えっちらおっちらイタリアの旅。
目を閉じれば、今も鮮やかに舌先に蘇る、あの生ハムの味……。
イタリアは、本当になにもかもがおいしかった!
……あれでも、逆においしくないサーキットってあるんでしょうかね?
今のところ、どこの国もおいしくいただけているわたくしは、かなりのバカ舌でございます。
たいていおいしい。だいたいおいしい。
うーん、生きやすい!

マーカス・エリクソンさん、P2でまさかの大クラッシュ!
DRSの不具合うんぬんは、後で改善してもらえばいいけれども、
ドライバーになにかあったら、取り返しがつきません。
2戦連続、HALOが大活躍してしまうなんて、ありがたくないけどありがたい。
HALO、もう君のことを、物干し竿なんて呼ばないよ。



予選、雨の確立は80%。
予報上はもう降っている状態らしいですが、まだ雨粒はなさそうな。

Q2、ケビン・マグヌッセンさんとアロンソさんが接触。
どちらもタイム更新できずのQ2落ちでございます。
そのおかげさまでのピエール・ガスリーさんQ3行きでございますよ!

両者お咎めなしではございましたが、まあ腹の虫は収まりませんよね。
予選後の(マグ)ヌッセンさんの毒舌も、わかる、わかるけれども、敬意って大事だと思うの……。
両チーム首脳陣の一発触発なシーンなんてのは、大好物なんですけれども!(矛盾)

そしてQ3、ファン・パブロ・モントーヤさんが残したコースレードを、皆次々と塗り替えていきますよ。
なんという高速レース! しびれる!
そしてライコさんが! コースレコードでポーーーーール!



取った、取ったよ……。
奥様(ミントゥさん)も泣かれていたが、ホンマも泣きました。
ライコさんのポールは1年ぶり、そうあの(奥歯噛みしめ)モナコGP以来でございます。
しかし時間がたつにつれて、喜びから一転、不安要素がむくむくと。
あのフェラーリが、はたして普通に勝たしてくれるのでしょうか。
スタートで抜かせるのかな。
ピットで入れ替えるのかな。
ベツさん気にしてたら、ハミさんに抜かれることもあるわけで。
今から心配してもしょうがないけど、心の準備だけはしておきましょうかね……。

ライコさんのポールは、ポール最年長記録更新になるそうで。
レースでは経験もものいうけれど、ポールは純粋に速さの記録。
これは誇らしい。

ちなみにライコさんのポールは1年ぶり。
フェラーリのモンツァでのポールは8年ぶり。
ライコさんのモンツァでのポールは12年ぶり。
モンツァでのフェラーリワンツーは18年ぶり。
だそうですよ。

決勝のモンツァは曇り空。なんだか気温も低そうな。
フォーメーションラップで一番前を走るライコさん。
久しぶりすぎて走り方忘れてない? と余計な心配をする我。

いつもの100万倍緊張するスタート。
ライコさん、ナイススタート!
よしっ。よしっ。とりあえずこれで一難去った! と安心していたら、
まさかのハミさんとベツさんの接触でございます。
どうして、なんでそうなった……。
ハミさんはそのまま走り続けれたけれども、ベツさんはピットイン。
痛い。これは痛い。



ここで、ここでですね、
あの、こんなことを言うのははばかれるのですが、これでライコさんは好きに走れる! と思ったんですよ。
いやこれ、大間違いだったんですけどね。

同じくスタート直後に、何かあったらしいブレンドン・ハートレーさん。
アウトにつきセーフティカーのご出動でございす。
リプレイを見たら、とばっちりでサンドイッチにされていたんですね。
なにげに運が悪いイメージなのは、ヤング(死語)時の美少女イメージに、薄幸な文字がセットで浮かぶからでしょうか。
……でかい美少女ですけどね。(184cm)

そのセーフティカー後のリスタート。
あの、ライコさんって、なにげにリスタートがイマイチなイメージなんですが、やはりイマイチでしたね(笑)
そりゃハミさんにも抜かれますがな。なんとか抜き返せましたけれども。

後ろから順当に追い上げているベッテルさん。
中段の団子トレインに引っかかって、同じく後方スタートのリカルドさんともども苦労されておりますよ。
リカルドさん、今季のついてなさは本当に気の毒で、観ていてつらい。
ついには白煙あげてのリタイアとなってしまいました……。

メルセデスのピットインするする作戦に見事に釣られたフェラーリさん。
その後、ボッさんの仁義ブロックに阻まれーの、ハミさんにも迫られーのの四面楚歌。
メルセデスにサンドイッチの具にされたライコさん。
キミだけに、卵サンドでございましょうかねぇ。ふっふっふ。
まさにこれがザ・チームプレイ。賢いレースでございます。
そしてタイヤ。瀕死のタイヤ。
いつもはタイヤにやさしいフェラーリだけれども、この気温の低さがソフトタイヤには酷だったのか。
逆にメルセデスはタイヤに厳しいけれど、低い気温がラッキーに転じたような。

ボッタスさんピットイン後、ハミさんに抜かれたのは仕方がない、仕方がないのだけれども、
もしここにベツさんいたならば、と考えている自分に、ちょっと笑ってしまいました。
都合よすぎですよ、ホンマさん。いやその通り。
でも、チームワークにはチームワークじゃないと勝てんのです。
ベツさんがいたとしても、抜かれていたかもしれないし、ベツさんがトップだったかもしれないけれども、
もう少し、賢い闘い方はできたんじゃなかろうかと。
ピットするする詐欺にも合わないですんだかもしれないし。
非常に残念で無念であります。
でも2位。
あのタイヤで無事フィニッシュできて本当によかった……。
ライコさん、100回目のポディウムおめでとう!



さて、なにかと同じ画面に映ることが多かった(フェルス)タッペンさんとボッタスさん。
前半のショートカット疑惑は事なきを得たけれど、
43周目、ボッさん幅寄せコースアウトで審議になり、5秒加算ペナルティに。
放送禁止用語も連発で、熱くなってまいりましたよ!
いやでも5秒は大きい。ボッさんブロックしている場合じゃないのでは。
さっさと抜かせて、ベツさん対策にタイム稼いでおいたほうが得策じゃろうと、今すぐチームは助言してあげてー!
とハラハラしていたのですが、結果ベッテルさんにもタイムで抜かれての5位。
ああもったいない。



ボッタスさんはナイスチームプレイに加えて、自分のポジションを守っての3位。
そしてハミさん、最後はライコさんをゆうゆう引き離してのトップ。
チームメルセデスの大勝利でございました。

そしてまさかのレース後、ロマン・グロージャンさん失格の一報が。
テクニカルレギュレーションに対する違反とのことですが、これはかわいそうだなあ。
おかげさまでセルゲイ・シロトキンさん初ポイント。
まさに棚からぼたもち、ひょうたんから駒。
変なダンス踊っているシロトキンさん動画を見ましたが、そりゃあ踊っちゃうよねぇ。

結局、ライコさんの去就についての発表はなし。
待ちすぎて、ホンマのライフはゼロでございますよ……。
次戦はシンガポールGP!
わたくしホンマは、ラリー北海道で帯広にいる予定でございます。
ホテルからうまく観れるかな?

それではまたお会いしましょう!

ホンマ ナオコ




おまけ


先に完成していたミラーが、2つとも紛失事件発生。
おそらく、誘拐犯はゴミ箱。
そして未解決事件として闇の中へ……。




  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します