現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハッキネン、フェラーリF1の戦略の拙さを指摘。「チーム内で争っている場合ではない」

ここから本文です
スポーツ 2018.9.7

ハッキネン、フェラーリF1の戦略の拙さを指摘。「チーム内で争っている場合ではない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2度のF1世界チャンピオンであるミカ・ハッキネンは、もしセバスチャン・ベッテルが今シーズンにタイトル獲得のチャンスを守るつもりなら、フェラーリはチームのドライバー同士が戦うことを許している場合ではないと述べている。

 ベッテルは先週末のイタリアGP予選でチームメイトのキミ・ライコネンに対して遅れをとっていた。決勝でのライコネンはポールポジションからリードしていたが、一方のベッテルはレースのオープニングラップで、抜け目のないルイス・ハミルトンとのバトルのなかでスピンを喫して取り残された。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ハッキネンによると、フェラーリは予選後に決勝に向けた適切な戦略を立てなかったと見られ、チームの問題はそこから始まったていのだという。ハッキネンはイタリアGP後に、Unibetのコラムに以下のように投稿している。

「キミのパフォーマンスは素晴らしかったが、セバスチャンの結果は悪かった。なぜなら、どうやらフェラーリの契約ではポールポジションを取ったドライバーの方を優先することになっているようだからだ」

「もしそれが本当なら、土曜の夜にキミとセバスチャンと話し合い、どのようにレースを運ぶか戦略を立てることをしなかったのは、フェラーリにおけるリーダーシップと戦略上のミスだ」

「最初のコーナーに入るとき、彼らは互いにバトルをする必要はまったくなかった。キミはとっては当然の権利であり、彼は自然に防御していた。そしてセバスチャンがラインを外したのだ」

 最終的な結果に関してハッキネンは、フェラーリにはもはやミスをする余裕はないと考えている。
「今年の世界選手権はあと7戦が残っている。フェラーリにはドライバー間でさらにバトルをさせることも、セバスチャンがミスをすることも、レース戦略で失敗する余地もない」と彼は付け加えた。

「ルイスやバルテリ(・ボッタス)、そしてメルセデスに勝つためには、フェラーリは毎週末完璧な仕事をする必要がある。そしてメルセデスにトラブルが起こることを期待するしかない」

 ハッキネンはフェラーリのミスを強調する一方で、今季のメルセデスが傑出した仕事をしていることを力説した。

「ルイスが強いのは、メルセデスに大きなアドバンテージがあるからだとは誰も言えないだろう。彼が強いのは、彼とメルセデスがより優れた仕事をしているからだ。私の意見では、彼はみっつの理由で世界選手権をリードしている」

「ひとつは彼の、特にウエットにおける天性の才能だ。つまり彼は雨が降れば、いつでもフェラーリを脅かすことができている」

「ふたつめは、彼はレースで素晴らしい腕前を見せており、セバスチャン・ベッテルがやってきたようなミスをしていないことだ。特にレースのスタート時にね。そしてみっつめは彼がバルテリ・ボッタスとの素晴らしい関係から、恩恵を受けていることだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します