現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ロッシ、マルケスとの握手を拒否! ”問題ない”と両者は主張も和解はまだ?|MotoGPサンマリノGP

ここから本文です
スポーツ 2018.9.7

ロッシ、マルケスとの握手を拒否! ”問題ない”と両者は主張も和解はまだ?|MotoGPサンマリノGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、サンマリノGPの木曜記者会見でマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)から握手を求められたものの、これを拒否した。両者は”何も問題ない”と主張しているものの、和解はまだのようだ。


 元々、マルケスにとってレジェンド・ライダーであるロッシは憧れの対象だった。しかし2015年のマレーシアGPでその関係が一変する。ロッシとマルケスは激しいバトルの末、接触。マルケスがリタイアとなった。これに対しロッシは、マルケスが同じスペイン人のホルヘ・ロレンソ(当時ヤマハ)をアシストしているとコメント。結果的に、この接触によりロッシはペナルティを科され、ロレンソとのタイトル争いに敗れることになったのだ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 それ以来ふたりの関係は緊張状態が続いていたが、翌年のカタルニアGPではMoto2クラスのルイス・サロムが事故死していたこともあり、ともに表彰台を獲得したロッシとマルケスはパルクフェルメで握手を交わし、和解に至った。


 しかし今年のアルゼンチンGPで再び事件が起こった。ウエットコンディションの中、マルケスはロッシと接触しリタイアさせてしまったのだ。

 マルケスはレース後、謝罪のためヤマハのガレージに向かったが、マルケスが故意に接触したと感じたロッシはこれに対応せず。マルケスが謝罪に来たのは”ただのアピールでありジョークだ”と非難した。

 ロッシにとってのホームレースとなるサンマリノGPを前に、イタリアの『TV8』のインタビューに応えたマルケスは、次のように語った。

「彼(ロッシ)と和解したい。バレンティーノとは何も問題はないんだ」

「アルゼンチンに行くまで、僕たちはもっと落ち着いた関係だった。でも僕がミスをして、不幸にもそれがバレンティーノとの接触だった。だけど僕は謝罪しようとしたんだ」

 マルケスとともに木曜記者会見に出席したロッシは、マルケスの『和解したい』というコメントを受けてどう思うかと聞かれ、こう答えている。

「ああ、それは聞いたけどよく分からない。僕はちょっと奇妙に感じた。現実には問題がないからだ」

「なぜ僕たちが和解しなければならないか分からない。僕にとってはOKだ」

 この発言を受けて、どう思うか尋ねられたマルケスは「僕にとってそれは素晴らしいことだ。僕は握手しても問題ないよ」と話し、ロッシに対して右手を差し出し握手を求めたのだ。

 しかしロッシは首を振り、これを拒否した。

「こんな感じだ」とマルケスは続け、「なんて言えばいい? これですでに2回目だ。まあ問題はない。同じようにレースをするだけだ」とコメント。

 ロッシは改めて「僕たちが握手をする必要はない。でもOKだ。何も問題ない」と述べている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nsp*****|2018/09/08 10:37

    違反報告

    映像見たらそんなにギスギスした感じじゃないんだけど、、、周囲が過剰に反応してるだけな気がするなあ。。。
  • sak*****|2018/09/07 09:43

    違反報告

    当たり前だが、マルケスは上手いはずなのに何かのスイッチが押された時は、笑っちゃうほど走りをする。そりゃあんな当てからされたらロッシも怒るし、もう今は呆れてるんじゃないかな。トップか3番手くらいの時はフェアだと思うけど。中盤以下からの時は笑っちゃうな。
  • nak*****|2018/09/08 10:47

    違反報告

    外野(マスコミ)は面白く書き立てるのですよ。世界のトップで競いあっているのだから、仲良しこよしな訳がない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します