現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:リンス、テストでセッティングと電子制御の改善をし「トップ争いにより近づける」

ここから本文です
スポーツ 2018.9.6

MotoGP:リンス、テストでセッティングと電子制御の改善をし「トップ争いにより近づける」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第13戦サンマリノGPを前に、チーム・スズキ・エクスターのアレックス・リンスとアンドレア・イアンノーネが意気込みを語った。

■アレックス・リンス(MotoGPクラスランキング10位)
 オーストリアGPまでの11戦中5戦のノーポイントレースがあるためランキング10位に止まるリンス。ミサノではMoto3時代の2013年と2014年に優勝、Moto2時代の2016年には2位に入賞するなど、相性のいいコース。MotoGPクラス1年目の昨年は8位に入賞している。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「決勝がキャンセルとなったシルバーストンの後、早くバイクに乗ってレースがしたい。先週はアラゴンでポジティブなテストを行い、セッティングと電子制御の改善ができた」

「これは来シーズンに向けてだけでなく、ミサノのレースでもでも役立てることができるだろう。僕たちは着実な進歩を遂げているので、さらに改善するチャンスになると思うし、トップ争いにより近づけると考えている」

■アンドレア・イアンノーネ(MotoGPクラスランキング9位)
 中盤戦以降、なかなか結果に結びつかないレースが続いているイアンノーネだが、オーストリアGPまでの11戦中10戦でポイントを獲得、ホームレースのミサノに向けてモチベーションは高い。

 ミサノではMoto2時代の2011年と2012年に3位表彰台を獲得しているが、MotoGPクラスでのベストリザルトは2014年の5位に止まる。ウエットの昨年のレースでは、レーシングスーツの上に着たレインスーツがタイトすぎて途中でピットに戻ってリタイアに終わっている。

「言うまでもなくミサノはホームレース。イタリア人ライダーにとって、特別なモチベーションのあるレースで、ホームでは常にいい結果をめざす」

「いいリザルトとなることを望んでいるし、多くのファンとスズキのエンスージアストの前でポジティブな週末にしたい。本当にこのレースが楽しみだ。全セッションで集中して仕事に取り組まなければならない」

「僕たちにはいいレースをするポテンシャルがあると思っているよ」


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します