現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1代表「もし私がトロロッソ・ホンダの担当者なら、今すぐバンドーンにオファーする」

ここから本文です
スポーツ 2018.9.6

マクラーレンF1代表「もし私がトロロッソ・ホンダの担当者なら、今すぐバンドーンにオファーする」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレン・レーシング代表のザック・ブラウンは、2018年シーズン限りでの離脱が発表されたストフェル・バンドーンについて、2019年も引き続きマクラーレン以外のF1チームで走れるための支援を惜しまないと話したうえで、将来的にはマクラーレン・ファミリーの一員として別のレースを走ってもらう可能性もある、と付け加えた。


 9月3日に行われた発表によると、マクラーレンは2019年シーズンにバンドーンの後任としてジュニアドライバーであるランド・ノリスを昇格させ、これによってフェルナンド・アロンソの後任であるカルロス・サインツJr.が率いるマクラーレンの新たなドライバーラインナップが完成することになった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ブラウンは取材陣と話すなかで、バンドーンはマクラーレンから離脱するが、今後の見通しは明るいだろうと評している。2019年シーズンのドライバーが決まっていないチームにとって、バンドーンを加入させれば新たな価値が生み出されると言うのだ。

「彼は文句なしの力量を備えたF1ドライバーだ。もし私がトロロッソ・ホンダの担当者だとしたら、2019年シーズンのシートのうちひとつを今すぐストフェルにオファーするだろう」とブラウン。

 ブラウンは、バンドーンが2017年以降苦しんでいた原因を当初から認識していたものの、今後のチームにとってはノリスがより良い選択肢だと判断しており、その理由について以下のように述べた。

「この2年間、我々は非常にレベルの低いマシンで戦っている。フェルナンド(・アロンソ)のような経験豊富なドライバーなら、それでもすぐに適応できるのだが」

「ストフェルの実力はフェルナンドにかなり近い。フェルナンドが名前を口にする他のチームメイトたちよりもよほど強い。彼はずば抜けた力を持つドライバーなんだ」

「ただ最終的には、チームの将来を見据えたときに、ランドは将来のスターになると考えた。ストフェルは、今と異なる環境で、もっと良いマシンに乗れば、より力を発揮できるだろう」

 ブラウンはCrash.netの質問に対して、バンドーンが引き続きF1で走れるために支援すると明言し、同時に将来のインディカー参戦計画にマクラーレン・ファミリーの一員としてバンドーンを加える可能性についてもほのめかした。

「ストフェルを手伝えることがあれば、どんなことでもすぐにやる。彼はマクラーレン・ファミリーの一員だ。ともに仕事をする仲間として極めて優れている。できればF1で新たな活躍場所を見つけてもらいたい。彼はF1がふさわしい男なんだ」

「ただし、ご存知のとおり我々マクラーレンは他のレース活動への参戦についても検討を進めている。その過程でドライバーを必要とし、ストフェル自身もそれを望むならば、ぜひファミリーの一員として走ってもらいたいと思う」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します