現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ元会長、ハミルトンにブーイングをしたティフォシを批判「負けを受け入れない態度が不愉快」

ここから本文です
スポーツ 2018.9.5

フェラーリ元会長、ハミルトンにブーイングをしたティフォシを批判「負けを受け入れない態度が不愉快」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元フェラーリ会長のルカ・ディ・モンテゼモロは、日曜のF1イタリアGPで勝利を飾ったルイス・ハミルトンに対して、激しいブーイングを行ったフェラーリファンたちを批判した。

 フェラーリは地元イタリアでフロントロウを独占、ポールシッターのキミ・ライコネンはレース前半をリードし、ファンのなかで跳ね馬優勝への期待が高まっていった。しかしメルセデス勢の見事な連携プレイにより、ルイス・ハミルトンが勝利を勝ち取り、ライコネンは2位に終わった。表彰台に上がったハミルトンと3位のバルテリ・ボッタスは、失望したファンから大きなブーイングを浴びた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 1991年から2014年の23年間、フェラーリに君臨し指揮をとったディ・モンテゼモロは、ハミルトンのパフォーマンスを賞賛し、彼に対してティフォシが激しいブーイングを行ったのは残念なことであると語った。

「ルイスは素晴らしいチャンピオンだ。彼は常に正確で素晴らしいレースをしてきた。以上だ」とディ・モンテゼモロはBBCに語った。

「起きたこと(ハミルトンにブーイングが起きたこと)は非常に良くないことであり、私は非常に不愉快に思っている」

 71歳のディ・モンテゼモロは、日曜にイタリア人ファンが激しい反発を示した原因のひとつは、メルセデスがボッタスを使ってライコネンを抑え込み、ハミルトンが勝つサポートをしたことにあると考えている。しかしディ・モンテゼモロは、こういう戦略はどのチームも行うものであり、自分がフェラーリのトップだった時代にも何度も利用してきたと語った。

「フェラーリは私が会長とCEOであった時、何度か(この方法で)チャンピオンシップで勝利した。キミとフェリペ・マッサ、そしてルーベンス・バリチェロとミハエル・シューマッハー、そしてミハエルとエディ・アーバインの時代にね」と彼は言った。

「だからこれは歴史の一部なのだ。ボッタスはなにも間違ったことも反則もしていない。彼は彼のレースをしたのだ」

「誰かが批判をしていると聞いた。だがこれは普通のことだ。人が勝利を手に入れるのは難しいことだが、勝利できなかったことを受け入れるのはさらに難しい。昨日、観衆が取った行動を見て、不愉快に思った」

「メルセデスは彼らの仕事をしたのだ。もし私がメルセデスと同じ状況でフェラーリを任されていたら、まったく同じ選択をしただろう。だからこの話はもう終わりだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します