現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、3台エントリー案導入を支持。若手ドライバー育成の場に「才能あるドライバーにチャンスを与えるべき」

ここから本文です
スポーツ 2018.9.4

メルセデス、3台エントリー案導入を支持。若手ドライバー育成の場に「才能あるドライバーにチャンスを与えるべき」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エステバン・オコン(現レーシングポイント・フォースインディア)、ジョージ・ラッセル、パスカル・ウェーレインという3人のジュニアドライバーを抱えているメルセデスは、彼らをF1に昇格させるチャンスがないことを問題視している。メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、根本的な育成システムの見直しを主張しており、F1チームが3台のマシンを走らせることが最善の解決策だと語った。

 ウルフは、ひとつのチームが走らせるマシンを2台と制限するのではなく、3台目のマシンを導入する可能性を広げ、それを若手ドライバーにドライブさせることがF1にとっても良いことだと考えている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 彼は今の状況にフラストレーションを感じており、メルセデスの育成プログラムの将来にも疑問を呈している。

「シンプルな解決策がある」

「それは3台目のマシンを走らせることだ。そして、最大で2年間若手ドライバーを走らせるという決まりを設ける」

「このコストは莫大な額にはならないだろう。グリッドが埋まり、新しい若手ドライバーたちの素晴らしいショーや、ルイス(ハミルトン)とバルテリ(ボッタス)による厳しい戦いが繰り広げられるはずだ」

 レッドブルは、若手ドライバー育成のために姉妹チームのトロロッソを設けることを選択したチームだ。トロロッソはこれまでにセバスチャン・ベッテル(現フェラーリ)やダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペン(ともにレッドブル)などを輩出している。しかしメルセデスは、姉妹チームを持つことを否定した。

「ジュニアドライバーの居場所を見つけるためにもうひとつのチームを持つというのは、我々にとって理にかなうものではない」

「大規模なチームは、若手ドライバーに関してリスクを負わないようになってしまうと私は考えている」

「うんざりしていると言うかもしれない。私もそう感じている。だが我々はリスクを負い、18歳か19歳のトップクラスの才能あるドライバーをトップクラスのマシンに乗せて、チャンスを与えるべきだと思っている」

「しかし問題なのは、彼らが学習段階であることが理由で、チームがドライバーズチャンピオンシップやコンストラクターズチャンピオンシップを獲れないというのは、もちろん素晴らしいことではないということだ」

「我々はそういうことをしていないし、フェラーリもそうだ。だからこれを問題として取り上げる必要がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します