現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピエール・ガスリー、アロンソの”過激すぎる”動きを痛烈批判「ホンダエンジンを使う僕らが嫌いなんだろう」

ここから本文です
スポーツ 2018.9.4

ピエール・ガスリー、アロンソの”過激すぎる”動きを痛烈批判「ホンダエンジンを使う僕らが嫌いなんだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、イタリアGPでのフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の動きを批判。F1引退発表以来、アグレッシブになりすぎていると主張した。

 アロンソは、予選Q2の最終アタックで、ハースのケビン・マグヌッセンにオーバーテイクを仕掛けた。これが原因で、アロンソとマグヌッセンはタイムアップを果たすことができず、Q2敗退……マグヌッセンはこの時のアロンソに動きについて激怒していた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ガスリーも決勝レース中にアロンソにコース外に押しやられたことでマシンにダメージを負い、レースをフイにすることとなった。そのアロンソの過度なディフェンスに、ガスリーも怒りを露わにする。

「彼のアプローチは、(以前とは)少し違うと思う。なぜなら彼は、来年F1に出ることはないと分かったからだろう」

 そうガスリーは語った。

「彼は以前よりも、もっとアグレッシブになったように見える」

「僕に対して彼がしたことは、フェアじゃなかった。横にマシンがいる場合は、1台分のスペースを残す必要があることを、僕らは理解している。しかし、今日の彼はそれをしなかった」

 アロンソは昨年まで3年間、ホンダのパワーユニットを搭載したマシンを走らせていた。そして今季はガスリーが、ホンダPUを載せるマシンをドライブしている。

「彼は僕らのことが好きじゃないんだろう。僕らは、ホンダエンジンを持っているからね。しかし、それにしてもフェアじゃなかった」

 セーフティカー明け直後のターン1で、ガスリーはアロンソを抜き、10番手に上がろうとしていた。しかしアロンソがスペースを残さなかったことで、ガスリーはコース外に飛び出すことになり、縁石の上を通過せざるをえなかった。それによりフロアに大きなダメージを負ってダウンフォースを失い、その後のレースに大きな影響を及ぼしたとガスリーは説明する。

「僕らはセーフティカーが明けた直後、ターン1にサイド・バイ・サイドの状態でたどり着いた。僕はアウト側にいたんだけど、彼は僕をコース外に完全に押し出したんだ」

「僕はコース上に残ろうとした。しかし、彼は僕にスペースを残してくれなかった。そのため、僕は縁石の上を飛び越えなければならなかった。その後で彼は
僕に再び接触し、僕のマシンのフロア右側は全面的にダメージを受けることになった」

「ダメージは右のフロアだけだったから、右コーナーと左コーナーでは、感触が違ったんだ」

「僕はダウンフォースを失った状態で走っていた。だから他のマシンの後ろを走ってさらにダウンフォースを失うと、そのマシンに近づくのは不可能だった。長い、長い日曜日になった」

 ガスリーは結局15位でレースを完走したが、アロンソはガスリーとの接触直後に電気系のトラブルによりリタイアした。

 アロンソとの事件について、レースディレクターのチャーリー・ホワイティングに報告したかどうかと尋ねられたガスリーは、次のように語った。

「いや、話していない。正直に言って、それで何かが変わることはない」

「もし彼を見かけることがあれば、おそらく彼に話しに行くだろう。しかし結局のところ、彼ら(スチュワード)はフェルナンドにペナルティを科すことができるけど、僕のレースがそれで変わることはないんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Mark Bremer, Oleg Karpov)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します