現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 前人未到の12連覇達成。ホンダのトニー・ボウが2018年トライアル世界選手権を制す

ここから本文です
スポーツ 2018.9.3

前人未到の12連覇達成。ホンダのトニー・ボウが2018年トライアル世界選手権を制す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月2日、2018 FIMトライアル世界選手権シリーズ第7戦イギリスGPでトニー・ボウ(レプソル・ホンダ・チーム)が優勝。この勝利により、ボウは12年連続12回目のシリーズチャンピオンを獲得した。

 トライアルとは速さを競うのではなく、バイクを操り障害物をいかにミスなくクリアできるかを競うオートバイ競技だ。コースを攻略する際に足を着いてしまうと減点となり、引かれた点数が最も少なかったライダーがウイナーとなる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 障害物は岩や沢など、自然の地形活かすコースもあれば、スタジアムやアリーナで開催されるインドアトライアルでは、人口的な障害物を設置する場合もある。

 2003年にトライアル世界選手権にデビューしたボウは、2017年までに11連覇を達成。今季は開幕前に行われたインドアトライアル、Xトライアル世界選手権で負傷。12連覇に黄色信号がともったかに思われたが、開幕戦スペインGPで優勝を飾ると順調に勝ち星を重ね、最終戦を残してチャンピオンに輝いた。

 ボウは今季、インドアトライアルのXトライアル世界選手権でもチャンピオンを獲得し12連覇を達成。両シリーズともに12連覇達成という偉業を成し遂げた。

 ボウは前人未到の12連覇達成について「今日はとても特別な日になりました」とよろこびを表す一方、難しいレースだったとも語っている。

「今日のレースは簡単ではなく、ミスが許されず、難しいセクションであっても、果敢に攻めていかなければなりませんでした。神経質になり、重圧と戦いながらのレースでしたが、チャンピオンを獲得すべく全力を尽くし、勝つことが出来ました」

「今シーズンは怪我の影響がある中でのスタートでしたが、何とか乗り越えることが出来ました。チームと関係者、そして声援を送ってくれたファンの皆さんに感謝いたします」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tur*****|2018/09/03 21:59

    違反報告

    12年連続のタイトル獲得
    もっと大きく取り上げられるべきだと思うけど
    技術の向上と体力、精神力の維持
    どれも優れているからこその証
  • oja*****|2018/09/03 22:36

    違反報告

    インドアでも12連覇で、
    これで世界チャンピオン24回!ってスゴすぎ〜
    藤浪選手も最終戦頑張ってください。
  • yk1*****|2018/09/03 23:57

    違反報告

    三谷先生の鈴鹿トライアル教室に通っていました。
    人生で一番楽しい時を過ごさせ頂きました。忙しい中
    藤浪選手が帰国された時に直接指導が受けられ物凄く
    感動しました。黒山選手の勇姿を見て久しぶりに熱い
    思いが巡ってきました。頑張って下さい。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します