現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダニエル・リカルドのF1イタリアGPリタイア、クラッチが原因の疑い。ルノー”スペックC”のPUには問題なし?

ここから本文です
スポーツ 2018.9.3

ダニエル・リカルドのF1イタリアGPリタイア、クラッチが原因の疑い。ルノー”スペックC”のPUには問題なし?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルとルノーは、F1イタリアGPでのダニエル・リカルドのリタイア原因は、エンジンではなくクラッチの問題が疑われたためだと説明する。

 リカルドは、イタリアGPにアップデート版のルノー製パワーユニット”スペックC”を投入したためペナルティを受け、最後尾グリッドからスタートした。彼は順調にポジションを上げていったが、ウイリアムズのセルゲイ・シロトキンをオーバーテイクした直後にマシン後部から白煙が上がり、コース脇にマシンを止めた。

    「マクラーレンの信頼性は”後退”してしまったようだ」アロンソ落胆

 ルノーのスペックCパワーユニットは、モンツァ1周あたり0.3秒の効果があると言われていたが、その反面、信頼性のリスクがあるとされていた。そのため、リカルドのトラブルは当初パワーユニットの問題だと考えられていたが、その後の調査により、クラッチが原因だった可能性が高いことが分かった。

「ダニエル・リカルドのマシンのパワーユニットを調査した結果、彼のリタイアはエンジンに関係するものではなかったと確認することができる」

 ルノーはそう声明を発表した。

「それはむしろ、クラッチの問題であった」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーも、クラッチの問題だった可能性があることを認めている。

「原因については、まだ完全には分かっていない。しかし、クラッチの問題であることを疑っている」

 リカルドはこれで、直近6レース中4戦でリタイアしたことになる。

「僕にとっては、フラストレーションが溜まるレースだった」

 そうリカルドは語る。

「僕はシロトキンを抜き、彼をしっかり抜けたかミラーで確認した。しかし、うまくそれを見ることができなかったんだ」

「その後、僕はマシンの後ろから煙がたくさん出ていることに気づいた。エンジニアにそれを報告すると、彼らは僕にマシンを止めるように指示した」

「僕は、パワーユニットに関係したものではないかと恐れていた。マシンをガレージに戻して調べた結果、チームはクラッチの問題だったと考えている」

「とても苛立たしいレースだった。でも、マシンにいくつかの変更を施し、信頼性を向上させ、シンガポールで表彰台を目指せることを願っている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Ben Anderson)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します