現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スバル、『WRX S4』に最上級グレード“STI Sport”を新設定。9月21日より発売へ

ここから本文です
スポーツ 2018.9.3

スバル、『WRX S4』に最上級グレード“STI Sport”を新設定。9月21日より発売へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スバルは9月3日、スポーツセダン『WRX S4』をベースに、同社のモータースポーツ活動を統括するスバル・テクニカ・インターナショナル(STI)と共同開発した『スバルWRX S4 STI Sport』を発表。9月21日から発売するとアナウンスした。

 ベースモデルに備わる走行性能と質感をさらに高める最上級グレードとして、すでにスバルBRZに投入され好評を得ている“STI Sport”が、ハイパフォーマンスセダンのWRX S4にも導入されることとなった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 そのWRX S4 STI Sportのエクステリアは、専用グリルやブラック塗装で統一されたリップスポイラー、サイドガーニッシュ、ドアミラーカバー、シャークフィンアンテナを装備しスポーティーな外観を演出。また、フロントグリル、リヤ、サイドガーニッシュにはSTIエンブレムが配置されている。

 外装と同様に各所にSTIロゴが散りばめられたインテリアでは、ボルドーの本革とウルトラスエーが組み合わされたRECARO製フロントシートが装備されたほか、レッドステッチ入りの高触感革巻ステアリングホイール、シフトレバーなどが採用され“STI Sport”ならではのスタイリッシュで上質なコクピットが作り上げられている。

 足回りにはSTIがチューニングを施したビルシュタイン製フロント、リヤダンパー及びコイルスプリングを採用。さらに、ステアリングギヤボックスの取り付け剛性を高めるクランプスティフナー付き電動パワーステアリング(EPS)が装備されたことで、車体の上下動を抑えたしなやかな乗り心地と、ドライバーが思いどおりにクルマを操れる高いハンドリング性能を両立しているという。

 2.0リッターの水平対向4気筒直噴ターボエンジンとスポーツリニアトロニックを組み合わせたパワートレインを搭載する『WRX S4 STI Sport』はAWDのみの設定で、ボディカラーはアイスシルバー・メタリック、ピュアレッド、WRブルー・パールなど合計6色が用意された。価格は409万3200円(税込)だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します