現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 イタリアGP】ハミルトンが大逆転で今季6度目の優勝[追記あり]

ここから本文です
スポーツ 2018.9.3

【F1 イタリアGP】ハミルトンが大逆転で今季6度目の優勝[追記あり]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F1第14戦イタリアGPの決勝レースが2日、モンツァサーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が45周目にキミ・ライコネン(フェラーリ)を抜き去り、今季6度目、通算66度目の優勝を飾った。

母国グランプリでフロントローからスタートしたフェラーリの2台に襲いかかったルイス・ハミルトン(メルセデス)は、1周目にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を攻略して2位へ。その後1周目に入ったセフティーカーが4周目にピットインしレースが再開すると、すぐにキミ・ライコネン(フェラーリ)を抜いてトップに躍り出た。しかしライコネンは直後にトップを奪い返し、その後は約1秒差でのせめぎあいとなった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

20周目にハミルトンがピットインする素振りを見せたため、これに反応してライコネンがピットイン。しかし後ろを走るハミルトンはピットインせず通過し、28周目にピットインを敢行。ライコネンの5秒後ろでコースに戻ったが、フレッシュなタイヤであっという間に追いつき、2台は激しいバトルとなった。そしてレースも残り8周となった45周目にハミルトンはライコネンをオーバーテイク。その後は徐々に差を広げ、今季6度目の優勝を飾った。

ライコネンはすり減ったタイヤに苦労しながらも何とか2位でチェッカー。3番手でチェッカーを受けたのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だったが、途中バルテリ・ボッタス(メルセデス)との接触で5秒加算ペナルティとなり、最終結果は5位。代わってボッタスが3位となった。

ベッテルは1周目にハミルトンと接触してスピン。ほぼ最後尾に落ちたが、そこから素晴らしい追い上げを見せて5番手でチェッカー。タイムペナルティのフェルスタッペンの前、4位の結果となった。

トロロッソ・ホンダはピエール・ガスリーが15位、ブレンドン・ハートレーはスタート直後の接触でタイヤがバーストし、1周目リタイヤとなった。

F1イタリアGP 決勝結果

1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)

2. キミ・ライコネン(フェラーリ)

3. バルテリ・ボッタス(メルセデス)

4. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

5. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

6. ロマン・グロージャン(ハース)

7. エステバン・オコン(フォース・インディア)

8. セルジオ・ペレス(フォース・インディア)

9. カルロス・サインツ(ルノー)

10. ランス・ストロール(ウィリアムズ)

11. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)

12. シャルル・ルクレール(ザウバー)

13. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)

14. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)

15. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)

16. マーカス・エリクソン(ザウバー)

17. ケビン・マグヌッセン(ハース)

以上完走

[追記]6位ゴールのグロージャン(ハース)はレース後、他チームからの指摘により車体フロアの適法性に関する調査を受け、失格となった。ただしハースはこの件を控訴する意向の模様。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤木充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します