現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー「アロンソやリカルドと接触。マシンがダメージを負い、戦えない状態に」:トロロッソ・ホンダ F1イタリアGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.3

ガスリー「アロンソやリカルドと接触。マシンがダメージを負い、戦えない状態に」:トロロッソ・ホンダ F1イタリアGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1イタリアGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは14位完走を果たした。

 ガスリーは9番グリッドからスーパーソフトタイヤでスタートするが、1周目に位置取りするなかで順位を11番手まで落とす。セーフティカー後のリスタートで、前を行くフェルナンド・アロンソを抜こうとするが接触。ガスリーはマシンにダメージを負い、その影響でペースが上がらない状態に。10周目には後方から追い上げてきたダニエル・リカルドとの間でも接触事故が起きた。34周目にソフトタイヤに交換し、16番手でコースに復帰した後、他車のピットストップで順位を上げるが、最終的に15位でフィニッシュした。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 レース終了後、6位のロマン・グロージャンのマシンに規則違反の箇所が見つかり失格となったため、ガスリーは14位に繰り上がった。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=14位
 今日は望んでいたような一日にならなかった。レース序盤、1コーナーから2コーナーにかけてブロックされ、いくつかポジションを落とした。その後、フェルナンドとの間にインシデントがあり、僕の車体右側のフロアが破損した。さらにその後、ダニエルとも接触、リヤにダメージを受けた。

 そういう状態だったため、マシンがスライドしてしまい、僕にとってのレースは終わったも同然だった。最後まで走り切るのも一苦労だった。

 僕らにとって難しいレースになることは分かっていたけれど、マシンがダメージを負ったことで、さらに苦戦することになった。できる限りのことはしたが、土曜に見せていたようなペースを日曜には発揮できなかった。

 気持ちを切り替えて、シンガポールに集中するよ。次のサーキットではいいパフォーマンスを見せることができるはずだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します