現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「ポイント獲得ならず。接触事故の影響もあり予選での好パフォーマンスを再現できなかった」:F1イタリアGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.3

ホンダ田辺TD「ポイント獲得ならず。接触事故の影響もあり予選での好パフォーマンスを再現できなかった」:F1イタリアGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1イタリアGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは14位、ブレンドン・ハートレーはリタイアに終わった。

 ガスリーは9番グリッドからスーパーソフトタイヤでスタートするが、ターン1とその先への位置取りで後続に先行を許し、1周目に11番手に順位を落とす。1周目のアクシデントによりセーフティカーが出動し、2周後にレースがリスタート。その直後、ガスリーは前を行くフェルナンド・アロンソをオーバーテイクしようとして接触、マシンにダメージを負う。その影響でペースが上がらず、10周目には後方から追い上げてきたダニエル・リカルドとも接触した。ピットストップを引き延ばし、34周目にタイヤ交換を行い、ソフトタイヤを装着。16番手でコースに復帰した後、他車のピットストップで順位を上げるが、最終的に15位でフィニッシュした。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 レース終了後、6位のロマン・グロージャンのマシンに規則違反の箇所が見つかり失格となったため、ガスリーは14位に繰り上がった。

 16番グリッドスタートのハートレーはスーパーソフトタイヤを装着してレースに臨んだが、スタート直後にマーカス・エリクソンと接触するアクシデントが発生。ハートレー車のサスペンションが破損し、そのままリタイアとなった。

 ホンダはイタリアGPの週末に関し、「最終的にポイントを獲得することはできなかったが、パワーユニットは週末を通してトラブルなく動いていた」と振り返った。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 今日はトロロッソにとってのホームレースでしたが、不運な接触もあって残念な結果となりました。

 ブレンドンはスタート直後にザウバーのマシンにヒットされ、リタイアせざるを得ませんでした。ピエールは、セーフティカーが戻った後にオーバーテイクを試みた際、マクラーレンのマシンに接触しました。それによりマシンのバランスが大きく崩れ、その後はペースを上げられない状況でした。昨日の予選で力強いパフォーマンスを見せていただけに、それを決勝で見せられず、非常に残念です。

 いい形でヨーロッパラウンドを締めくくることはできませんでしたが、次はテクニカルサーキットが舞台となるシンガポールGPです。ここ2戦続いた高速サーキットとは異なり、我々のマシン特性に合ったトラックだと思いますし、気持ちを切り替え、確実にポイントを獲得するために準備を進めます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します