現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 4メーカーの激しいトップ争いを制しヤマハがワン・ツー。中須賀が今季8勝目/全日本ロード第7戦オートポリス

ここから本文です
スポーツ 2018.9.2

4メーカーの激しいトップ争いを制しヤマハがワン・ツー。中須賀が今季8勝目/全日本ロード第7戦オートポリス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本ロードレース選手権JSB1000クラスは9月2日、オートポリスで第7戦の決勝が行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝した。

 昨日の悪天候で予選と決勝が日曜日に行われることになったJSB1000クラス。朝の35分間の予選はウエット宣言が出されていたものの、好天に恵まれて時間経過と共に路面がみるみる乾いていく。その難しい予選でセッション後半に次々にタイムを更新した中須賀がポールポジションを獲得。野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が2番手でヤマハファクトリーが予選ワン・ツー。3番手に渡辺一樹(ヨシムラスズキMOTUL)がつけた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 中須賀は「事前テストから天候に翻弄されて走行時間が少なくて難しかった。それでもドライコンディションで予選ができて、決勝につながった。でも鈴鹿8耐、もてぎ2&4といい流れできているし、(鈴鹿8耐で負った)ケガもどんどん回復している。このいい流れに乗れればいい結果になると思う。チャンピオンシップを考えたいが、地元だから勝ちをねらいたい」と語った。

 決勝で好スタートを切ってホールショットを奪い、オープニングラップを制したのは加賀山就臣(Team KAGAYAMA)。渡辺一樹、中須賀、野左根、渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)と続き、9台でトップ集団が形成される。

 3周目。渡辺一樹がトップ浮上。中須賀も加賀山をかわして2番手浮上。翌周には野左根も加賀山を捕らえて3番手浮上。渡辺一樹、中須賀、野左根の3台でのトップ争いが開始。それをオープニングラップを6番手で終えた高橋巧(Team HRC)が渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)を従えたまま追いかける。

 7周目。野左根が中須賀を捕らえて2番手浮上。渡辺一樹と壮絶なトップ争いを開始する。

 9周目。野左根がトップに立ち、中須賀も渡辺一樹を捕らえて2番手浮上。ヤマハファクトリーがワン・ツー体制を築いた。その間に高橋巧、渡辺一馬が追いつき、トップ争いは5台に。

 11周目に突入したストレートで高橋巧が3番手浮上。ヤマハファクトリー2台を追う。渡辺一樹はペースが上がらず、渡辺一馬と共にトップ争いから脱落していく。

 15周目の最終コーナーでついに中須賀がトップ浮上。逆に高橋巧はペースが上がらずにヤマハファクトリー2台から離され始める。

 ラスト3周。周回遅れが出始め、それをうまく利用した中須賀が野左根を引き離しにかかる。中須賀はそのまま今季8勝目を飾り、野左根は2位フィニッシュでヤマハファクトリーがワン・ツー・フィニッシュ。高橋巧は3位表彰台を獲得した。

 以下、全日本ロード第7戦JSB1000の決勝順位結果。

■全日本ロードレース選手権第7戦オートポリス JSB1000決勝順位結果

天候:晴れ 路面:ドライ
Pos.No.RiderTeamMotorcycleGap/Delay121中須賀克行YAMAHA FACTORY RACING TEAMヤマハYZF-R136'34.16725野左根航汰YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5ヤマハYZF-R1+1.15131高橋巧Team HRCホンダCBR1000RR SP2+2.608426渡辺一樹ヨシムラスズキMOTULスズキGSX-R1000L8+8.754511渡辺一馬Kawasaki Team GREENカワサキZX-10RR+8.901671加賀山就臣Team KAGAYAMAスズキGSX-R1000+27.8347090秋吉耕佑au・テルルMotoUP RTホンダCBR1000RR SP2+27.9878634水野涼MuSASHi RT HARC-PRO.HondaホンダCBR1000RR SP2+36.520999アヌパブ・サームーンYAMALUBE RACING TEAMヤマハYZF-R1+36.6441023清成龍一MORIWAKI MOTUL RACINGホンダCBR1000RR SP2+38.7861112津田拓也ヨシムラスズキMOTULスズキGSX-R1000L8+41.5211220日浦大治朗Honda Suzuka Racing TeamホンダCBR1000RR SP2+44.6741335近藤湧也JOYNET GBSレーシングYAMAHAヤマハYZF-R1+45.0231451ザクワン・ザイディHonda Asia-DreamホンダCBR1000RR SP2+49.497158山口辰也Team Sup Dream HondaホンダCBR1000RR SP2+50.6761615松﨑克哉Kawasaki Team GREENカワサキZX-10RR+55.9971714中冨伸一HiTMAN RCKOSHIEN YAMAHAヤマハYZF-R1+58.8441872髙橋裕紀MORIWAKI MOTUL RACINGホンダCBR1000RR SP2+1'13.7941946星野知也TONE RT SYNCEDGE4413BMW S1000RR+1'14.0892034岡村光矩KRP三陽工業&RS-ITOHカワサキZX-10RR+1'26.9852137須貝義行チームスガイレーシングジャパンアプリリアRSV4 RF+1'27.1442231津田一磨Team Baby FaceヤマハYZF-R1+1'41.5042340小島一浩Honda緑陽会熊本レーシングホンダCBR1000RR+1'54.9632443中津原尚宏ATJ RacingホンダCBR1000RR+1'54.9982591吉田光弘Honda緑陽会熊本レーシングホンダCBR1000RR+1Lap2644樋口耕太H.L.O RACINGスズキGSX-R1000+1Lap2725生形秀之エスパルスドリームレーシング・IAIスズキGSX-R1000+5Lap2822児玉勇太Team KodamaヤマハYZF-R1+5Lap-70清末尚樹チーム阪神ライディングスクールカワサキZX-10RR+15Lap(リタイア)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します