現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「パワーサーキットで予選9番手。PUの力を存分に発揮できた」:F1イタリアGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.2

ホンダ田辺TD「パワーサーキットで予選9番手。PUの力を存分に発揮できた」:F1イタリアGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1イタリアGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは9番手、ブレンドン・ハートレーは18番手だった。

 土曜午前FP3ではガスリーは1分22秒631で12番手、ハートレーが1分23秒164で20番手だった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 予選開始早々にコースインしたハートレーは、1セット目のタイヤで1分23秒684、1分22秒812、1分22秒711とタイムを更新。ガスリーも1分23秒836、1分22秒550とタイムを削っていった。2セット目でガスリーは1分21秒834をマークし12番手でQ2に進出。ハートレーは1分21秒934で18番手に終わり、Q1敗退という結果になった。

 Q2でガスリーは1セット目のタイヤで1分22秒174、2セット目で1分21秒667のベストタイムを記録し10番手、Q3に進出した。

 ガスリーは、Q3では最初のランをユーズドのスーパーソフトタイヤでアタックし1分22秒918、2回目は新品に履き替えて1分21秒350をマーク、9番手を獲得した。

 土曜時点では、ガスリーは9番グリッド、ハートレーはダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグの降格により16番グリッドからのスタートになることが暫定的に決まっている。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 前回のスパでも予選11番手といういい結果を得ましたが、同様にパワーサーキットであるここモンツァで、それをさらに上回るQ3進出を果たせたことは本当に素晴らしい結果でした。

 この結果は、ピエールの力強いパフォーマンスはもちろんですが、トウを利用したこと、チームが完璧なタイミングで彼をコースに送り出したこと、パワーユニットが持てる力を十分に発揮できたことによるものだと思います。

 ここまでパワーユニットに関しては問題ない週末を過ごしていますが、当然ながら重要なのは明日の決勝レースです。このポジションをキープするために最大限までプッシュし、トロロッソのホームレースでいい結果を残したいと思います。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します