現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FP2で大クラッシュのエリクソン、シャシーを交換しFP3以降も出走へ。FIAのメディカルチェックも通過/F1イタリアGP

ここから本文です
スポーツ 2018.9.1

FP2で大クラッシュのエリクソン、シャシーを交換しFP3以降も出走へ。FIAのメディカルチェックも通過/F1イタリアGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタリアGPのフリー走行2回目で大きなクラッシュを喫したザウバーのマーカス・エリクソンは、土曜日以降の走行に向けてシャシーを交換することになった。

 FP2の序盤、エリクソンはターン1のブレーキング時にコントロールを失い、コーナーのエイペックスとは逆向きの左側の壁にクラッシュ。この時エリクソンのマシンはDRSのトラブルを抱えており、マシンのコントロールを失った瞬間にはDRSが閉じていなかったことが国際映像でも確認されている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 ザウバーのスタッフは夜間の作業禁止令を破って夜通し作業を行い、エリクソンのマシンのシャシーを新しいものに交換した。


 FIAの報告によると、ザウバーは、年間で2回まで例外が認められる夜間の作業禁止令のうちの1回を使用し、土曜日の午前1時から9時まで作業を行っていたという。

 エリクソンの新しいシャシーは、土曜日の朝に予備車検を通過し、FIAによる承認を受けた。またエリクソン自身もFIAのメディカルチェックをクリアしており、FP3に出走することは可能だ。

 金曜日の夜、エリクソンは次のように話していた。

「FP2でのアクシデントでは大きな衝撃があった。マシンの強度のおかげで、僕は大丈夫だ」

「マシンを修復するために、チームはすで懸命に作業をしてくれているので、僕はコースに戻ることができるだろう。もう一度マシンをドライブすることを楽しみにしている」

 FP2ではアタックラップに入った直後にクラッシュしてしまったエリクソンだが、FP1での走行はわずか11周だった。FP1のセッション終盤は、まだ路面の水も多かったため、ドライタイヤで走行することができなかった。そのため、彼は一度もドライタイヤできちんと走行できずにFP3を迎えることになる。

 金曜日から土曜日にかけても雨が降り、さらにはFP3も雨の予報となっているが、予選までには路面が乾くとみられている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します