現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【あなたは何しに?】なんとしてでも息子をフォース・インディアをねじ込みたい新オーナー

ここから本文です
スポーツ 2018.9.1

【あなたは何しに?】なんとしてでも息子をフォース・インディアをねじ込みたい新オーナー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1シーズンを転戦していると、いろいろな人との出会いがある。そんな人たちに、「あなたは何しに?」と尋ねる連載企画。F1第13戦ベルギーGPでは、レーシングポイント・フォース・インディアの新オーナーであるローレンス・ストロールがモーターホームに訪れていた。

------------------------

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 ベルギーGPの日曜日のレース前、フォース・インディアのモーターホームにランス・ストロールの父親で、カナダの大富豪であるローレンス・ストロールがやってきた。なぜ、息子はウイリアムズに所属しているのに、フォース・インディアにやってきたのか? 

 それはハンガリーGP後に、ローレンス・ストロール率いるレーシングポイント・コンソーシアムが、旧フォース・インディアを買収。ベルギーGPから新チーム名「レーシングポイント・フォース・インディア」として参戦しているからだ。

 つまり、新チームのオーナーとなったローレンス・ストロールはいまや堂々とフォース・インディアに出入りすることが許される立場となった。

 しかし、この日、ローレンス・ストロールはモーターホームに入ると、新代表兼CEOに就任したオットマー・サフナウアーを呼び出し、モーターホームの外で、長い時間立ち話をしていた。


 中にはチームスタッフやゲスト、そしてメディアがいる。2階にはドライバーもいることを考えると、彼らに聞かれたくない話題について話し合っていたと思われる。

 ベルギーGPでは「イタリアGPにも、ランス・ストロールがウイリアムズからフォース・インディアに移籍し、エステバン・オコンがマクラーレンへ行き、ストフェル・バンドーンがシートを失う」というウワサがまことしやかにささやかれていた。

 一方、サフナウアーは金曜日の記者会見で、「当面はドライバーはこのままで行く」と言っていたばかり。この話し合いは、その件についての確認でもしていたのか。だとしたら、ローレンス・ストロールのジェスチャーは「いったい、どうなっているんだ。約束が違うじゃないか」とまくし立てているようにも聞こえる。


 サハラからレーシングポイントに変わったフォース・インディアだが、フォース・インディアという名前も、いまや『フォース・ストロール』に変わろうとしているようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します