現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 イタリアGP】母国GPでフェラーリ好調スタート、ベッテル、ライコネンがワンツースタート

ここから本文です
スポーツ 2018.9.1

【F1 イタリアGP】母国GPでフェラーリ好調スタート、ベッテル、ライコネンがワンツースタート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F1第14戦イタリアGPが31日、モンツァサーキットで開幕。金曜日は母国GPのフェラーリが絶好調で、セバスチャン・ベッテルがトップタイム、キミ・ライコネンが2番手で初日を締めくくった。

イタリアGPの初日は雨でスタート。フリー走行1回目は降ったりやんだりの難しいコンディションとなり、最終的に前戦でチーム消滅の危機から新たなチームとして復活したフォースインディアのエステバン・オコンが大殊勲のトップタイムをマークした。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

フリー走行2回目は雨も上がり路面も徐々に乾き、セッション後半はドライ路面での走行が行われた。残り30分でキミ・ライコネン(フェラーリ)が1分21秒375でトップに躍り出ると、その直後にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が1分21秒105のトップタイムをマーク。その後このタイムを破るものは現れず、フェラーリが母国GPの初日をワンツーで終えた。

3、4番手はルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのメルセデス勢。5、6番手にレッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドが続いた。

トロロッソ・ホンダはウェット路面のフリー走行1でブレンドン・ハートレーが4番手、ピエール・ガスリーが6番手と好タイムを記録したが、フリー走行2のドライ路面では苦戦。ガスリーが14番手、ハートレーが16番手だった。

F1イタリアGP フリー走行2回目結果

1. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分21秒105

2. キミ・ライコネン(フェラーリ)/1分21秒375

3. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分21秒392

4. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分21秒803

5. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分22秒154

6. ダニエル・リカルド(レッドブル)/1分22秒296

7. エステバン・オコン(フォースインディア)/1分22秒930

8. セルジオ・ペレス(フォースインディア)/1分22秒942

9. シャルル・ルクレール(ザウバー)/1分22秒965

10. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分23秒063

11. ロマン・グロージャン(ハース)/1分23秒077

12. カルロス・サインツ(ルノー)/1分23秒193

13. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分23秒233

14. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)/1分23秒402

15. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)/1分23秒514

16. ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)/1分23秒531

17. ランス・ストロール(ウィリアムズ)/1分23秒566

18. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)/1分23秒741

19. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)/1分24秒084

20. マーカス・エリクソン(ザウバー)/No Time

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤木充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します