現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1日本GPの契約延長が正式発表。2021年までの開催が確定

ここから本文です
スポーツ 2018.8.31

F1日本GPの契約延長が正式発表。2021年までの開催が確定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1は、日本グランプリのプロモーターであるモビリティランドとの間で3年にわたる開催契約延長において合意に達したことを発表した。これにより、鈴鹿サーキットでのF1日本GPは2021年まで開催されることが確定した。

 日本GPは2018年をもって契約が満了を迎えることが決まっていたため、2019年以降の開催について交渉が行われていた。入場者数の減少という不安要素があったものの、第14戦イタリアGPの金曜、F1は2019年から2021年までの開催が確定したことを明らかにした。

    F1 Topic:2019年以降もF1日本GPが開催決定、モンツァで記者会見

 また、2018年の日本GPのタイトルスポンサーを、現在F1にパワーユニット/エンジンサプライヤーとして参戦するホンダが務めることも併せて発表された。

 F1の会長兼CEOのチェイス・キャリーは、日本GP開催契約延長を喜び、次のようにコメントした。

「長年にわたり開催してきたF1日本グランプリについて、このたび新しい内容での契約が整った。F1に忠実で、知識の豊富な日本のファンの方々に、今後さらに楽しんでいただけることとなった」

「また世界トップ企業である自動車メーカーであり、F1のパワーユニットサプライヤーであるホンダが、2018年のF1日本グランプリの30周年を祝うタイトルスポンサーとなることを大変うれしく思う」

 モビリティランド代表取締役社長 山下晋氏は、今後もモータースポーツ文化の繁栄に貢献し続けたいと述べている。

「フォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップ(FOWC)との交渉を重ねた結果、2019年以降の契約調印に至りました。交渉にあたり、多大なる理解を示してくれたチェイス・キャリー氏をはじめとするFOWCメンバーに、心から感謝いたします」

「今後も世界中のファンに愛される鈴鹿であり続け、モータースポーツ文化の繁栄に貢献できるよう、努力を続けてまいります」

「今年は鈴鹿サーキットでの日本グランプリレースが30回目となる節目の大会となりますが、ご来場いただくすべての皆様にお楽しみいただけるよう、準備を進めております。どうぞご期待ください」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します