現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『BMW M2』に、強化エンジンと大径ブレーキ装備の“Competition”が新登場

ここから本文です
スポーツ 2018.8.31

『BMW M2』に、強化エンジンと大径ブレーキ装備の“Competition”が新登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWが誇る伝統の高性能モデル“M”の精神と伝統を最も体現するモデルとして、すでに高い評価を得ている『BMW M2クーペ』に、高性能エンジンを搭載し、より剛性/制動力を強化することで走行性能を高めた新型『BMW M2 Competition』が登場。8月23日より発売開始となっている。

 今回追加されたのは、兄弟モデルの『M3』や『M4』などにも展開されている高性能版の位置付けとなるモデルで、3リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最大出力410PS/5250-7000rpm、最大トルク550Nm/2350-5200rpmを実現する高性能バージョンとなっている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 その高性能エンジンのポテンシャルを最大限引き出すため、『M4』と同等の冷却システムを採用し、ラジエーターやオイルクーラーを追加装備。さらにカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を使用したストラット・ブレイズを採用することで剛性を強化するとともに、大径のMスポーツブレーキを採用し、ストッピングパワーも大きく強化されている。

 また、ダンパーとスタビライザーも専用設定とした強化サスペンションも装備し、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)のセッティングや、シャシーにもチューニングを加えるなど、Competitionの名にふさわしいハイレベルなダイナミクス性能を実現している。

 その性能を表現するエクステリアのデザインも、フロントバンパー、キドニー・グリル、エクステリアミラーのデザインを一新した。
 ダブルリッジ・デザインのMミラーに加えて、冷却性能の向上にも寄与する大型化したエアインテークとともに、ハイグロスブラック仕上げのダブルバー・キドニー・グリルは、左右が連結したようなデザインを採用することで、よりアグレッシブな印象としている。

 また足元でも、専用の19インチMライト・アロイ・ホイールと、その奥に覗く大径ブレーキディスクやグレーメタリック仕上げのキャリパーが存在感を強調。さらにリヤのリッド部に掲げられたM2 Competitionバッジが、特別なモデルであることを主張する。

 その『M2 Competition』を操るためのインテリアも、インスツルメントパネルは専用のパネルが採用され、エンジンスタート時には『M2 Competition』のロゴが表示される仕様に。

 さらに走行状況に応じて足回りなど自分の好みのセットアップを記憶させ、瞬時に呼び出すことが出来る「M1」「M2」ボタンが付いたMスポーツ・ステアリングホイールを装備し、新たに採用されたMスポーツシートの高いホールド性により、アグレッシブなサーキット走行においても抜群のホールド性が確保されている。

 走りのために特化した高性能モデルとして、そのトランスミッションにもBMW最新の7速M DCT Drivelogic仕様と、伝統の6速MT仕様が用意され、価格はそれぞれ898万円、873万円となっている。
BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します