現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン首脳、2019年のドライバーラインアップは9月末までに発表するとコメント

ここから本文です
スポーツ 2018.8.31

マクラーレン首脳、2019年のドライバーラインアップは9月末までに発表するとコメント

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンのチーフオペレーティングオフィサーを務めるジョナサン・ニールは、2019年にカルロス・サインツJr.のチームメイトとなるドライバーを、9月末までに発表すると述べている。

 来シーズンは別シリーズへ移ると見られる同郷のフェルナンド・アロンソの後任にはカルロス・サインツJr.が選ばれていたが、マクラーレンのふたつめのシートについては未確定のままとなっている。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 今週初めにはエステバン・オコンがチームの最有力候補と見られており、ランド・ノリスとストフェル・バンドーンがそれに続くという状況にあった。

 メルセデス傘下ドライバーのオコンは、予備的な話し合いとシート合わせのためにチームの本拠地を訪問したが、長身のオコンの体型にマクラーレンのMCL33を調整することができず、作業は早々に切り上げられたようだ。

 水曜日には、マクラーレンがセルジオ・ペレスについても検討対象としているという報道が浮上。ペレスは先週末にフォース・インディアとの契約を延長するとのコメントを発していたため、意外な展開だと言える。
「我々はフェルナンドがF1から離れることを発表した。また、後任としてカルロス・サインツJr.が2019年初めから加入する計画も発表している」とニールはマクラーレンの投資家との電話会議で語った。

「ふたつめのシートについてどうするかは議論を行なっているところで、結果は第3四半期に発表されるだろう」

 シートに関して飛び交っている噂によれば、エンジンを供給するフォース・インディアにオコンを留まらせるために、メルセデスが介入するのではないかとも言われている。

 ランス・ストロールのフォース・インディア加入はほぼ確実であり、早ければシンガポールGPで移籍するとも言われている。そうなるとオコンかペレスのいずれかがチームを離脱することになるため、どちらのドライバーもマクラーレンに移籍する可能性がある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します