現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 逆襲のフェラーリ、畳み掛けられるか。メルセデスはプレッシャーに慣れていない?|F1イタリアGP

ここから本文です
スポーツ 2018.8.31

逆襲のフェラーリ、畳み掛けられるか。メルセデスはプレッシャーに慣れていない?|F1イタリアGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクーデリア・フェラーリ代表のマウリツィオ・アリバベーネは、タイトル争いのライバルであるメルセデスがプレッシャーに慣れていないことを利用する必要があると語った。

 アドバンテージを持っていたドイツGPとハンガリーGPで勝利することができなかったフェラーリ。セバスチャン・ベッテルは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)に対して24ポイントのビハインドで夏休みに突入することになった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 しかし先週末に行われたベルギーGPでは、ポールポジションからスタートしたハミルトンをオーバーテイクし、ベッテルが優勝。ポイント差を17ポイントに縮めた。

 ミラノで行われたF1のデモ走行イベントで、フェラーリの聖地であるイタリアGPに向けての心境を語ったアリバベーネは、2014年に”パワーユニット時代”が始まって以来、時間がかかってしまったものの、フェラーリはメルセデスにパンチを見舞わなければならないと話した。

「彼らはそれに慣れていない」

「ここ数年、我々は頭を抑えられていた。我々は何度もパンチをもらったが、その度に起き上がってきた」

「我々はそれに慣れているが、彼らはそうではない。チームメンバーに言ったことは簡単だ。『彼らにプレッシャーをかけ続けよう』ということだ」

「メルセデスに追いつくのが早くなろうと遅くなろうと、攻撃的に彼らにパンチを浴びせなければならない。我々はそれがどれほどきついことなのか知っている」

「今は、彼らにそれをお見舞いするタイミングだ」

 2014年から4年連続でダブルタイトルを獲得しているメルセデスだが、今季は開幕戦から接戦が続き、13レースを終えた時点でベッテルとハミルトンがともに5勝を挙げている。

 現在、メルセデスはコンストラクターズランキングでもフェラーリを15ポイントリードしているが、今季のフェラーリはパワーの面でもメルセデスをリードしているとみられている。

 ベルギーGPで両者がパワーユニットにアップグレードを投入したが、その差は縮まっていないようだ。そのためパワーが重要となるモンツァでも、フェラーリが優勝候補だと考えられている。

 しかしアリバベーネはベルギーでの1勝で調子に乗ってはいけないと、チームに警告した。

「我々はリカバリーしているが、まだビハインドだ」

「ひとつのレースに勝っただけであって、チャンピオンシップに勝ったのではない。我々の目標はタイトルであり、それを頭に入れておかなければならない」

「慣れていないメルセデスに、常にプレッシャーをかけていかなければならない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します