現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トラブル続きで不満が募るバンドーン「マクラーレンは開幕戦からまったく進歩していない」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.31

トラブル続きで不満が募るバンドーン「マクラーレンは開幕戦からまったく進歩していない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第13戦ベルギーGPでマクラーレンが厳しい状況のなか期待はずれな週末を送ったことに対し、ストフェル・バンドーンはチームが開幕戦オーストラリアGP以降、後退モードに入っていると語っている。

 バンドーンは、ホームレースであるベルギーGPで好結果を出すことを望んでいたが、結局のところ下位に沈み、最下位という悲惨な役目を負うことになった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 2018年シーズン、バンドーンはマクラーレンの期待に応えることができていないが、彼の状況を公平に評価すれば、チームもまたバンドーンの期待に応えられていない。バンドーンにだけ頻繁にマシンの信頼性問題の犠牲になっているのだ。

「最悪の週末で状況は厳しい。良い出来とはほど遠いパフォーマンスだった。説明できることは何もない」とベルギーGPのレース後にバンドーンは語った。

「現実として、僕たちは今年の開幕から進歩しておらず、他のチームと比べてもまったく進歩が見られていない」

「冬のテストの後で、多くの開発が行われることが約束されたが、実現していない。オーストラリアGPは今までのなかでベストレースだった。でも僕たちはそこから後退しているんだ」

 マクラーレンは軌道修正に熱心に取り組んでいると主張しているが、バンドーンは見通しは暗いことを認めている。特に次のイタリアGPでは問題を抱えたマシンMCL33が高速コースでその弱点を露呈することになるからだ。

「これまでのレースでは向上が見られていない。ポイントを得る望みがまだあるのはシンガポールだけだ」

 バンドーンのおおっぴらなマクラーレン批判は、彼の運命が決定しマクラーレン離脱が迫っていることを示しているのかもしれない。しかしながら彼は2019年の残留に望みを持ち続けている。

「そうだね、事態は進展するかもしれないからね。それに将来は違う人がマシンをデザインするかもしれないよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します