現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DTM:アウディ、2019年のDTM参戦を改めて明言も、2020年以降は3メーカーの参戦が前提

ここから本文です
スポーツ 2018.8.30

DTM:アウディ、2019年のDTM参戦を改めて明言も、2020年以降は3メーカーの参戦が前提

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アウディは8月29日、2018年12月に開幕するABBフォーミュラE選手権と、2019年のDTMドイツツーリングカー選手権に参戦すると改めて発表。このなかで、2020年以降のDTM参戦には最低3メーカーが揃うことが前提だとした。

 2018年のDTMに参戦しているメルセデス、アウディ、BMWのうち、メルセデスは2018年限りでDTMでの活動を終了。2019年シーズンはアウディとBMWの2メーカーのみがシリーズに参戦することになる。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 その一方で、DTMは2019年からはスーパーGTと共同で策定してきた『クラス1』を採用し、2リッター直4直噴ターボエンジンや『クラス1規定』に100パーセント合致した車両でレースを行うなど、シリーズは大きな転換期を迎える。

 アウディは内燃機関技術の開発を継続するべく、DTMでの活動を継続するとともに、EV技術開発のためフォーミュラEにも並行参戦する旨を発表。ただし、2020年以降のDTMにおける活動はシリーズに少なくとも3メーカーが参戦することがプロジェクト継続の前提条件だとした。

 アウディの取締役員を務めるピーター・マーテンズは、「フォーミュラEに参戦することで、我々が有する電動モビリティ技術をデモンストレーションする」と述べている。

「それと同時に、既存の内燃機関についても開発を続けていく。(DTMで採用される)2リッターの4気筒ターボエンジンは効率性とパフォーマンスのバランスが取れたユニットだ」

「このエンジンは国際的な観点からも重要なもので、2019年にスタートするクラス1でも使用される。そのため、フォーミュラEと同様にDTMも市販車用技術を開発する場所としての価値が大きくなる」

 アウディ・モータースポーツを指揮するディーター・ガスも「正当な理由を持って、ふたつのシリーズに参戦できると確信している」とコメントした。

「ワークスチームとして参戦を開始したフォーミュラEでは2017/18年シーズンにチームタイトルを獲得し、電動モビリティに関して我々が有する技術を証明できた」

「2018/19年の第5シーズンについても新たなライバルたちとバトルを繰り広げ、同じ成功を収めたい」

「DTMについては、新たに登場するターボエンジンのような新技術のおかげで、シリーズに可能性を見出すことができている。(継続参戦には)第3のマニュファクチャラーが参入してくることが必要だが、DTMを取りまとめるゲルハルト・ベルガーは2020年にはグリッドを埋めてくれるはずだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します