現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「アロンソと自分を比較するいいチャンス」。マクラーレンF1のノリス、イタリアFP1で再登場

ここから本文です
スポーツ 2018.8.30

「アロンソと自分を比較するいいチャンス」。マクラーレンF1のノリス、イタリアFP1で再登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンF1チームが、2018年第14戦イタリアGPで、リザーブドライバーのランド・ノリスを再びFP1で走らせることを正式に発表した。今回はストフェル・バンドーンのマシンに乗せるということだ。

 ノリスはベルギーGPにおいて初めてF1フリープラクティスに出走、フェルナンド・アロンソのマシンを走らせた。今回はバンドーンと交代する形でMCL33に乗る。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

「今回もランドを金曜FP1でMCL33に乗せて経験を積ませる」とスポーティングディレクターのジル・ド・フェランは語った。

「彼にとって進歩を続けていくためのチャンスで、今回はストフェルのマシンに乗り、ベルギーでチームのために行った作業をさらに進めていく」

■2019年のマクラーレンに多数の候補。「自分の力を示すだけ」とノリス
 マクラーレンは2019年にアロンソがF1活動を行わず、後任としてカルロス・サインツJr.を起用することを発表済みだが、2台目のマシンに誰が乗るのかは明らかになっていない。候補としてはバンドーン、ノリスに加え、フォース・インディアのシートを失う見込みであるといわれるエステバン・オコンが挙げられている。また、セルジオ・ペレスはすでに新生フォース・インディアとの2019年契約を済ませたとも伝えられているが、Sky Sportsはペレスもマクラーレンと交渉を行っているとの説を唱えている。

 マクラーレン、あるいは他チームでのF1デビューを狙うノリスにとって、最新F1カーを走らせるチャンスは非常に貴重なものとなる。

「また違うパッケージに乗り、マシンに慣れ、いろいろなことを学ぶいい機会だ」とノリスが語ったとCrash.netが伝えた。

「ストフェルのマシンに乗るから、フェルナンドを相手に自分自身を向上させるチャンスになる。いろいろな点で彼と比較できるという意味でいいことだと思う」

 2019年にF1に昇格するチャンスについて聞かれたノリスは、まだ何も確実なことはないと答えた。
「来年について僕からは何とも言えないね。まだイエスかノーで答えられるような状況ではないから」とノリス。

「僕は自分の力を示すためのチャンスをもらった。だからできるだけいい仕事をしたい。一貫した走りをし、優れたフィードバックを行い、速さを示し、同時にミスをしないよう心がける」

「ひとつのチャンスであることは間違いない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します