現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、イタリアGP後からボッタスにハミルトンの”サポート的役割”を期待?|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.8.30

メルセデス、イタリアGP後からボッタスにハミルトンの”サポート的役割”を期待?|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスはバルテリ・ボッタスに、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と激しいタイトル争いを繰り広げるルイス・ハミルトンをサポートする役割をさせるべきかどうか、話し合いを行うようだ。

 今シーズンこれまで、ボッタスとハミルトンはあくまで同等に扱われているとチームは主張してきた。しかしベッテルとフェラーリからのプレッシャーが高まる中で、そのスタンスを変えざるを得ないかもしれない。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 今季あと8戦を残し、獲得できるポイントは最大でも200ポイントだが、ボッタスはハミルトンに対して87ポイント差をつけられている。

 ハミルトンはベッテルに対して24ポイントのリードを持って夏休み明けのベルギーGPに臨んだが、ベッテルが完勝しそのリードが17ポイントに縮まった。さらに、今やパワーの面でフェラーリがメルセデスに勝っているとみられており、メルセデスが不利と予想されるレースも何戦か残っている。

 ベルギーGPを終えたタイミングで、ボッタスを”ナンバー2”として扱うには適切なタイミングなのではないかと、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフに問うと、彼は次のように答えた。

「私はそうしたくない。レースに対する本能に完全に反する。我々はふたりのドライバーを極力平等に扱うよう努力しており、まだそれをしていないし、議論もしていない」

「モンツァの展開がどうなるかを見てみよう。そしてそれから、ひとりのドライバーを後ろに置くために力を注ぐ必要があるかどうかの問題に取り組んでいく。我々はふたりのドライバーに対する責任と、F1に対してレースを邪魔しないという責任を負っている」

 ウルフは、フェラーリに対してメルセデスが劣っている点が多くあると認めており、ハミルトンの持つ17ポイントのリードは、十分ではないと語った。

「十分な余裕があるとは思っていない」

「我々に合っている、または合うと思われるトラックがいくつかある」

「しかしシンガポールやおそらくメキシコなど、我々が”チャレンジャー”であるトラックもある。それは事実だ。それでもレースは8戦残っており、多くのポイントが獲得できる。そして今、本当に優れた能力を発揮し、いくつかの疑問に答えを出す時が来たのだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します