現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「レッドブル・ホンダにとって2019年は準備の年。2020年からF1タイトルに挑戦したい」とフェルスタッペン

ここから本文です
スポーツ 2018.8.30

「レッドブル・ホンダにとって2019年は準備の年。2020年からF1タイトルに挑戦したい」とフェルスタッペン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、ホンダのパワーユニット/エンジンを新たに搭載する2019年は準備の年であり、本格的にF1タイトルに挑むのは2020年からになると予想している。

 ホンダは2017年末で3年にわたるマクラーレンとの提携を解消、代わってトロロッソと契約し、2018年に新たなスタートを切った。2019年からはトロロッソの姉妹チームで、現在のF1でメルセデス、フェラーリと並ぶビッグ3に位置付けられているレッドブルへもパワーユニットの提供を行うことが決まっている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

「この数年の状態を考えれば、彼らは大きく前進したと思う」とフェルスタッペンはオランダのテレビ局Ziggo Sportのトークショーで、ホンダについて語った。

「今年はほとんど壊れていないし、何より大事なのは彼らが限界まで攻めようとしていることだ」

「彼らには素晴らしいリソースがある。フェラーリやメルセデスと戦うためには、それがとても重要になってくる」

「彼らはすでにテストリグでの作業を行っており、来年への準備のためにギヤボックスを欲しがっている。やる気に満ちており、テストリグで莫大な距離をこなそうとしている」

 一方でフェルスタッペンは、新コラボレーションの最初の年からメルセデスやフェラーリとタイトルを競うことは難しいとも考えている。
「皆、そうできればと思っているが、F1ではそれは簡単なことではない」

「まずは一歩一歩前に進んでいく必要がある。その結果、トップに近づければと思っている。再来年(2020年)には全力で戦える状態になるはずだ」

 2019年は準備の年になると思うかと聞かれ「そう思う。ポジティブな意味でね」とフェルスタッペンは答えた。
「どういう状況になり、どういう形でステップを踏めるのかは、いずれ分かるだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します