現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルイス・ハミルトン、F1ベルギーGP決勝でフェラーリに完敗「雨に頼ってばかりいられない」と危機感

ここから本文です
スポーツ 2018.8.29

ルイス・ハミルトン、F1ベルギーGP決勝でフェラーリに完敗「雨に頼ってばかりいられない」と危機感

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年のF1シーズンも後半戦がスタート。その初戦となったベルギーGPでは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが完勝し、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とのポイント差を17に縮めた。

 リードを縮められる格好となったハミルトンは、フェラーリのパフォーマンスに注意するべきだと主張。その理由に彼は、夏休み前の2レースは、フェラーリに”不幸”が訪れたため、勝てただけだと考えている。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「彼らはここしばらく、我々の上を行っている」

 そうハミルトンは語る。

「その立場は、少しばかり変わったんだ」

「特に最近の2レースは、僕らの方が良い仕事をしただけだと言うべきだろう。彼らは、より良いクルマを持っていたけどね」

「僕らは彼らにハッタリを仕掛けたんだ。でもそんなことができるのは、僅かな時間しかない。彼らがハッタリだと気づくまでの、ほんの僅かな時間しかないんだ」

 ハミルトンは、もしポイント上のリードがもっと少なかったならば、ベルギーでベッテルが勝ったのはもっと”痛い”ことだったかもしれないと言う。

「次のレースでは、本当のことが分かるだろう」

 そうハミルトンは付け加えた。

「もし彼らがその高いパフォーマンスを続けていくのなら、次の2~3レースでそれが実際に示されるはずだ」

 ハミルトンは、フェラーリの現在のパワーを脅威に感じているようだ。

「フェラーリのパワーは明らかに昨年よりもはるかに優れていて、スタート時に僕らを抜いていった」

「スパではベッテルのペースについていけなかった」

 フェラーリの現在の優位性は、その加速性能にあると考えられている。結果トラクションが重視される箇所で威力を発揮し、ストレートスピードに貢献している。次戦イタリアGPの舞台モンツァでは、最初のシケインなどがその性能が最も活きる場所であると言えよう。

 それに太刀打ちするためには、メルセデスがより強くならねばならないと、ハミルトンは考える。しかし、フェラーリがまだパフォーマンスを隠していたならば、今後数レースの間は我慢を強いられることになるかもしれないとハミルトンは覚悟しているようだ。

「僕にできることは限られている。いつも奇跡を起こせるわけじゃない」

 そうハミルトンは語る。

「うまくいかない、今日のような時もあるだろう」

「僕らはまだ、レースで彼らを打ち負かすことができるはずだ。しかし、それがどんな時になるのかまでは分からない」

 ここ最近のハミルトンは、雨を味方につけている。ドイツGPでは、レース中に突如降り始めた雨に足元をすくわれたベッテルがクラッシュし、ハミルトンが勝利した。ハンガリーGPでは予選で雨が降り、メルセデスがフロントロウを独占……決勝では抜きにくいコース特性も相まって、ポジションを守ることができた。ベルギーGPでも、スタート直後に抜かれてしまったものの、予選ではやはり雨の恩恵を受け、ポールポジションを得た。ただ、逆を言えば、雨が降らなければ3連敗していた可能性もある。

「確かに、雨がチャンスを生み出してくれる。しかし、それに頼ってばかりもいられない。パフォーマンスを改善し、ドライコンディションでも最大限の力を発揮できるようにしなければいけないんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します