現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ、50代目のオープンモデル『488ピスタ スパイダー』を世界初披露

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

フェラーリ、50代目のオープンモデル『488ピスタ スパイダー』を世界初披露

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリは8月26日、アメリカ・カリフォルニア州ペブルビーチで開催されているコンクール・ド・エレガンスで、フェラーリ488ピスタのドロップトップ(オープン)モデル、『488ピスタ スパイダー』をワールドプレミアした。

 北米で世界初披露されたフェラーリ488ピスタ スパイダーは、イタリアはマラネロに本拠を置く老舗スポーツカーブランドが送り出す50代目のドロップトップモデルだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 ワンメイクレースの488チャレンジや、『フェラーリ488 GTE』で競合他社のGTマシンとしのぎを削るWEC世界耐久選手権のLM-GTEプロクラスなど、世界的なモータースポーツを通じて得られた最高水準のテクノロジーが注ぎ込まれた『フェラーリ488ピスタ』がベースになっているスパイダーは、乾燥重量1380kgに対してリヤミッドに搭載する3.9リッターV8ツインターボエンジンが720馬力を発揮。

 フェラーリのV8エンジン史上、もっともパワフルな心臓部が生み出す強大な出力によって同車のパワーウエイトレシオは、ドロップトップとしては前例のない1.92kg/psという数値を達成している。

■フェラーリ伝統の“星型”を想起させる20インチホイールを採用

 インテリアはクーペからわずか100kgの重量増に抑えるため、カーボンやアルカンターラといった軽量素材が導入されたほか、同時にコンポーネントのスリム化が積極的に進められた。

 さらにフロアはカーペットからパターンが刻まれたアルミ製フットプレートに変更され、ドライバー側のドアハンドルもシンプルなストラップに置き換えられている。

 エクステリアではエアロダイナミクスの効率を重視しつつ、クーペバージョンのデザイン定義を踏襲。開発を担当したデザイナーは、空力に加えて完成度の高いフォルム、さらにレーシングスピリットという3つの要素の完璧な融合の維持を目指したという。

 このほか、“星型ホイール”を彷彿とさせるダイヤモンド仕上げの20インチ新型合金ホイールを装備する488ピスタ スパイダーには、新ラテラル・ダイナミック・コントロール・システム、フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー(FDE)といった電子制御システムが搭載される。フェラーリはこの新型コンバーチブルが、搭乗する者に前例のないドライビングエクスペリエンスを提供するとしている。
■フェラーリ488ピスタ スパイダー(Ferrari 488 Pista Spider)
●エンジン
タイプ:V8 90度ツインターボ
総排気量:3902cc
最高出力:530kW(720ps)/8000rpm
最大トルク:770Nm/3000rpm(7速ギア時)
●サイズ&重量
全長:4605mm
全幅:1975mm
全高:1206mm
乾燥重量:1380kg
●パフォーマンス
0-100km/h:2.85秒
0-200km/h:8.0秒
最高速度:340km/h

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します