現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新生レーシングポイント・フォースインディア、素晴らしい門出。オコン「あと1m前に出られていれば、トップにも立てた」|F1ベルギーGP

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

新生レーシングポイント・フォースインディア、素晴らしい門出。オコン「あと1m前に出られていれば、トップにも立てた」|F1ベルギーGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベルギーGPの決勝レースを3番手からスタートしたレーシングポイント・フォースインディアのエステバン・オコンは、スタート直後の先頭争いについて、早めにブレーキを踏んでしまったことでリードを奪う機会を逃したと考えている。

 フォースインディアは、ベルギーGPの週末からレーシングポイント・フォースインディアとしてエントリーし、新たな一歩を踏み出した。土曜日に行われた予選ではオコンが3番手、チームメイトのセルジオ・ペレスが4番手と2列目を独占。決勝レースでは、スタート直後にケメルストレートでセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)やルイス・ハミルトン(メルセデス)と4ワイドのバトルを繰り広げた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ケメルストレートでは、まずベッテルがハミルトンと並ぶと、ターン5に向けてオコンが4台の内の最もイン側のラインを取り、その反対のアウト側にペレスが並んだ。

 しかしオコンはポジションを下げなければならず、結局ペレスにもオーバーテイクを許してしまった。

 レース後、オコンはSky Sports F1に対して次のように話した。

「良いスタートを切って、ターン1でセブ(ベッテルの愛称)の隣、イン側についた」

「あの時、彼は僕よりもトラクションが良かった。おそらく僕は少し自信過剰になっていたんだと思う」

「リードを奪えたかどうか、僕にはわからない。良い走りができたし、うまくスリップストリームを使うこともできた。だけど、1m足りなかった」

「僕に何ができたのか、もう一度検討してみるつもりだ。でもフェアなレースだった。とても楽しかったよ」

「僕たちは全てを適切に合わせ込むことができなかった。安全のために僕は早めにブレーキを踏んだけれど、セルジオは完璧だった」

 ペレスとオコンはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とバルテリ・ボッタス(メルセデス)に追い抜かれ、最終的にペレスが5位、オコンが6位でレースを終えた。

「彼らとは非常に近いところにいたし、『自分にもチャンスがある』と考えてしまうかもしれない」とペレスは話した。

「だけど現実的には、自分がどこでレースをしているのかを考えなくてはならない。だから、彼らが何をしているのかは重要なことではない。彼らと争って適切な順位につくことが重要なんだ」

 またオコンは、今回のレースの最終的な結果は”レーシングポイント・フォースインディアのマシンのペースがどれくらいなのか”を表していたと語った。

 フォースインディアがレーシングポイント・フォースインディアとして新たにチャンピオンシップにエントリーするためには、今年のサマーブレイク前までに獲得していたコンストラクターズランキングのポイントを全て放棄しなければならなかった。しかしこのベルギーGPで合計18ポイントを獲得したレーシングポイント・フォースインディアは、早くもランキングでウイリアムズを追い抜いた。ランキング8位のザウバーとはわずか1ポイント差だ。

 これについてペレスは、「この数カ月の間にトラブルを抱えていたことを考えれば、間違いなく素晴らしいスタートだ」と述べた。

「チームにとってもフレッシュなスタートだ。チームの全員に、今日僕たちが成し遂げたことを誇りに思ってほしい」

「このチームにとって素晴らしい出来事になったと思う」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Matt Beer)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します