現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バンドーン、パワーユニットを全交換「あらゆることを試したけれど、効果なし。全然速さがなかった」:F1ベルギーGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

バンドーン、パワーユニットを全交換「あらゆることを試したけれど、効果なし。全然速さがなかった」:F1ベルギーGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ベルギーGP決勝で、マクラーレンのストフェル・バンドーンは15位でフィニッシュした。バンドーンは予選で20番手で、他のドライバーの降格ペナルティによって18番グリッドに繰り上がる予定だったが、決勝前にパワーユニットの6エレメントすべてを交換、それにより20番グリッドからのスタートとなった。

■マクラーレンF1チーム
ストフェル・バンドーン 決勝15位
 正直言って、すごく退屈なレースだった。ずっと単独で走っていたんだ。1周目にひどいクラッシュがあったけど、誰もけがをしなくてよかった。それが一番大事なことだ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 タイヤ戦略で他とは違ったことをしようとして、セーフティカーが出動した時にピットに入った。でも残念ながら効果はなかった。今日のレースは全体的に誰にとっても退屈なものだったんじゃないかな。あまりオーバーテイクもなかったし、僕らにとっては奇跡も起きなかった。

 何をしたって効果がなかった。2回目のピットストップをしたのが正しいことだったのかどうか、難しいところだけど、いずれにしても特にプラスには働かなかった。

 自分たちのペースは確認できたと思う。僕らには全然速さがなかった。だから、いい結果を出すためには、他とは全く違うことをやってみるしかなかった。結局それもうまくいかなかったが、試してみても失うものはなかったからね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します