現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハートレー「入賞の可能性を失い、ガスリーをサポート。自分のレースには満足していない」:トロロッソ・ホンダ F1ベルギーGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

ハートレー「入賞の可能性を失い、ガスリーをサポート。自分のレースには満足していない」:トロロッソ・ホンダ F1ベルギーGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ベルギーGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは14位で完走を果たした。

 ハートレーは、バルテリ・ボッタスのグリッド降格で予選順位よりひとつ上の11番グリッドに繰り上がり、ソフトタイヤでスタートした。スタート直後の多重クラッシュの影響を受けてハートレーは順位を下げ、7周目には14番手に落ちるが、スティントを長くとって、ピエール・ガスリーの後ろの10番手に上がり、ガスリーの追い抜きを狙うマーカス・エリクソンと戦い、何度かポジションを入れ替えるエキサイティングなバトルを繰り広げた。32周目にピットインしてスーパーソフトタイヤに交換、最終的には14位でフィニッシュした。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレー 決勝=14位
 今日のレースにはあまり満足していない。コース上で何度かいいバトルはしたけれど、楽なレースではなかった。

 スタート直後、ターン1の出口でダニエル(・リカルド)のすぐ後ろにつけ、いい展開になりそうだと思っていたところ、ダニエルがキミ(・ライコネン)と接触し、ウイングを壊してしまった。その後ろで足止めを食ったことで、オー・ルージュの手前でウイリアムズ2台とザウバー1台に抜かれてしまった。1コーナーでの混乱の影響を受けた結果、その時点で僕のレースは順調とはいえなくなった。

 ポイント獲得は難しいと判断し、僕らチームはもう一台(ガスリー)が確実に入賞圏内でフィニッシュできるよう助けるため、僕のピットインを遅らせて、長いスティントをとることにした。

 僕はピエールとは違う戦略を採り、ハード寄りのコンパウンド(ソフトタイヤ)でスタートしたので、スタート直後のターン1が楽にいかないことは分かっていた。でも、戦略を分けたこと自体は理解できる。

 来週すぐにモンツァでレースがあるのがうれしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します