現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『フォルクスワーゲン・ティグアン』一部改良、全グレードで先進快適装備を強化

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

『フォルクスワーゲン・ティグアン』一部改良、全グレードで先進快適装備を強化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年にデビューしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV『ティグアン』の2代目モデルが一部改良を受け、上級グレードの『Highline』で先進安全装備を標準化したほか、量販グレードの人気オプションにも機能と快適性強化の改良を加え、8月22日から発売を開始している。

 今やフォルクスワーゲンの屋台骨を支えるモジュラープラットフォーム、MQBを採用して誕生した2代目『ティグアン』は、アーバンクロスオーバーとしての性格を明確に打ち出す戦略もあり、全車1.4リッターTSIのシングルターボ仕様に6速DSGを組み合わせたFFモデルのみの展開となっている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 そのラインアップは他のフォルクスワーゲンのモデルと同様に、スポーティな『R-Line』を頂点に、装備充実の『Highline』、量販グレードの『Comfortline』が用意され、このうち上級の2グレードでは、これまでオプション装備だったヘッドアップディスプレイ、ダイナミックライトアシスト、パワーテールゲート(挟み込み防止機能、“Easy Open&Easy Close機能付”)を標準装備とし、さらなる安全性や快適性の強化を図っている。
 また人気オプションパッケージの見直しも行われ、これまでテクノロジーパッケージに含まれていたアダプティブシャシーコントロールのDCCを独立させ、19インチ、20インチの各アルミホイールと組み合わせたDCCパッケージを新設したほか、電動パノラマスライディングルーフ、レザーシートパッケージなどを分割し、独立したメニューとして用意。

 そしてComfortline向けには、オートハイトコントロール機能、LED ポジションランプ付、LED ポジションランプ、LED ターンシグナル付のLEDヘッドライト、スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”、そして17インチホイールのアップグレードパッケージに、新たに“Easy Open&Easy Close”機能付のパワーテールゲートを追加。

 渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”や、レーンキープ、車線変更アシスト、後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能からなるセーフティパッケージにも、新規でハイビームアシストが加わるなど、安全性・快適性に軸を置いた商品強化が実施されている。

 ボディカラーには有償色のオリックスマザーオブパールエフェクトを含めた全6色が設定され、価格は363万6000~479万円となっている。
フォルクスワーゲン カスタマーセンター:0120-993-199 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します